「スタイルを良くしたい!」と思ったとき

フラフープで上手にダイエットするために知っておきたいこと

フラフープダイエットの効果とは?

フラフープダイエットは全身を使う有酸素運動です。実際に回してみるとすぐ分かりますが、5分も続ければ体はポカポカ。10分で約100kcalも消費できるといわれており、エネルギー消費効率が非常によいのが特徴です。
フラフープのダイエット効果としては、主に次のようなものが挙げられます。

・有酸素運動による脂肪燃焼
ウォーキングやジョギングのように30分、1時間と続けることは難しいですが、たとえ短時間でもやった分脂肪は燃焼します。毎日10分など時間を決めて続ければ、その分効果があります。

・ぽっこりお腹の解消
腰とお腹を上手く使ってフラフープを回しているうちに、腰周りの筋肉とインナーマッスルが鍛えられます。その結果、筋肉のバランスのくずれからズレていた骨盤のゆがみを整える、骨盤矯正の効果もあります。開いた骨盤が閉じて内臓が元の位置に戻ることで、ぽっこりお腹の解消にもつながります。

・ウエストにくびれができる
腰周りの筋肉、特に脇腹の筋肉である腹斜筋が鍛えられることでウエストラインがすっきりとし、くびれを作ることができます。

・腰痛防止
腰痛の原因である骨盤のゆがみが解消されることで腰への負担が少なくなり、腰痛防止に役立ちます。

・便秘解消
骨盤のゆがみが解消されることで大腸をはじめとする内臓が正しい位置に戻り、便のお通じがよくなり、便秘解消につながります。

早速始めてみよう!  のその前に、注意したいこと

このように嬉しい効果がいくつも期待できるフラフープダイエットですが、しっかりした効果を上げるためには、いくつか気をつけるべきポイントがあります。その1つ目として、まず覚えておきたいのはフラフープの選び方です。

通常、初心者用のフラフープは直径90~95cmほどで、大きさ・材質・重さにそんなに違いはなく、色やデザインが気に入ったものを選んでかまいません。ただし、体型によってはサイズを変えたほうが回しやすい場合があります。
フラフープ専門店「フープ東京」のHPではおおよその目安として以下のように紹介されているので、参考にしてください。なお、100円ショップなどで売られているものには極端に軽いものもありますが、それは避けてください。何故かというと、回すにはある程度の重さが必要だからです。

ウエストサイズ
85cm – フラフープの直径 105cm(+10cm)
95cm – フラフープの直径 110cm(+15cm)
100cm – フラフープの直径 115cm(+25cm)

身長(*胴回りは上記以下の場合)
150cm – フラフープの直径 90cm(-5cm)
140cm – フラフープの直径 85cm(-10cm)

正しい姿勢を身につけることが大事!

フラフープダイエットには、もちろんフラフープを回せることが絶対に必要ですが、その回し方にも少しコツがあります。「フラフープを回す」というと、フープに合わせて腰を回すようなイメージがありますが、実際の腰の動きは前後(または左右)運動。体の重心は動かさずに腰を前後に動かし、腹筋と背筋だけでフープを押すイメージです。言葉で説明するのはなかなか難しいですが、基本の回し方は以下のようになります。

1)足は肩幅ぐらいに開き、背筋を伸ばして、正面を向いて真っ直ぐ立ちます。
2)片足を半歩前に出します(左から右に回す場合は右足。逆の場合は左足)。
3)膝はやや緩めます。
4)フラフープをおへその高さに持ち、背中にしっかり密着させます。
5)少し勢いをつけてフラフープを回します。手を離すと同時に前に出した足に体重を移動。腰を前後に動かしてフープを回します。

一度ではなかなか回せるようになりませんが、続けているうちにできるようになるので、何度もチャレンジしてみてください。特に最初の頃は少しの時間でもきつく感じるので、頻度としては1回10分ぐらい、週3~4日ぐらいのところから始めてみるのがおすすめ。慣れてきたら朝10分、夜10分など増やしていくとより効果を実感できるでしょう。