「スタイルを良くしたい!」と思ったとき

夜もおすすめ! 流行のバナナダイエット大特集!

基本は「置き換えるだけ」の簡単ダイエット法

2008年にテレビで紹介され爆発的なブームを巻き起こした「バナナダイエット」。
簡単でお金もかからないこのダイエット方法に、近年再び注目が集まっています。そこで今回は、バナナダイエットの特徴や効果、やり方、成功させるためのポイントをまとめて紹介したいと思います!

バナナダイエットは、いわゆる置き換えダイエットの一種です。
方法は非常にシンプルで、朝食にバナナを1本か2本食べて水を飲むだけ。昼食と夕食は通常通り食べるのが基本です。「これで本当に痩せられるの?」と思ってしまいますが、バナナのカロリーは1本約80~100kcal。対してご飯は茶碗1杯(150g)約250kcal、食パンはバターやジャムなしの6枚切り1枚で160kcal、菓子パンは1個300~400kcalです。そのため、菓子パンを食べていた人ならバナナに切り替えるだけで大幅に摂取カロリーを減らすことができます。
また朝食を食べる習慣がなく、ついつい間食や昼・夜の食事量が増えてしまっているような場合でも、朝にバナナを食べることにより食生活のリズムが改善される効果も。結果的に、太りづらい体作りに役立ちます。

置き換えダイエットは栄養の偏りが一番の問題ですが、バナナダイエットは昼食と夕食は通常通り食べるのが基本なので、足りない分はほかの食事で補うことができ、栄養バランスの心配もありません。バナナ自体にも代謝を活発にするビタミンB群や便秘解消に役立つ食物繊維、カリウムなどが豊富に含まれています。

自然に夕食の量を減らせる夜バナナダイエット

「朝食をバナナと水に置き換える」がバナナダイエットの基本形でしたが、応用形として「夜バナナダイエット」というものもあります。その名の通り夜にバナナを食べるわけですが、やり方は少し基本形と異なります。

<夜バナナダイエットのやり方>
・まず夕食の15~30分前にバナナを1~2本食べます。
・コップ1杯(200ml程度)の水を飲みます。
・夕食は普通に食べます。ただし、満腹を感じたところで食べるのをやめます。

「夕食をバナナと水に置き換える」でないのは、置き換えによりカロリー摂取を抑えることが目的ではないからです。ダイエットの基本は食事制限と運動ですが、ここで一番問題になってくるのが食欲。空腹に負けてついつい食べてしまったり、無理な食事制限の結果せっかく痩せてもリバウンドを起こしたりと、ダイエット失敗の最大の原因になっています。この食欲と戦うことなく、自然に夕食で食べる量を減らすのが夜バナナダイエットの目的です。

「夜にバナナを食べると太るのでは?」と心配になりますが、バナナのカロリーは1本80~100kcal。けれど腹持ちがよく、満腹感を得ることができます。先にバナナを食べておくことで自然と夕食の量は抑えられ、しかもきちんと食べているので空腹感をおぼえることもない。辛い思いをしないでいい分続けやすく、効果の上がりやすいダイエット法だというわけです。

バナナ以外の食事は必ず通常と同じに

簡単でお手軽なバナナダイエットですが、1つだけ注意しなければいけないポイントがあります。それは、基本形なら昼食と夕食、夜バナナダイエットなら朝食・昼食は通常通りに食べ、夕食も必ず食べるということです。

早くダイエットの効果を上げようとすると、ついついほかの食事の量も減らしたりしがちですが、バナナダイエットが成り立つのは、ほかの食事でしっかり必要な栄養素がとれるからこそ。食事量を減らして栄養素が不足すると、血行が悪くなったり脂肪が燃えにくくなったりと悪影響が出てしまいます。

また反対に、バナナダイエットをしているからと安心して通常以上に食べすぎるのもNG。せっかく減らしたカロリーがプラスマイナス0になってしまうので、「ほかの食事はいつもと同じ」は必ず守るようにしてください。