「スタイルを良くしたい!」と思ったとき

徹底解明! 半身浴とダイエットの関係

美はバスタイムで作る! 半身浴ダイエットのすすめ

「全身浴より半身浴の方がダイエットにいい」ということは、広く知られています。けれどもその理由や、効果的なお湯の温度や入浴時間などの具体的なやり方になると「そういえば知らないな」という方も多いのではないでしょうか?
しっかりした知識をもとに効果的な半身浴をすることでダイエット効果も上がりますし、美容と健康の増進、リフレッシュなどにも役立ちます。そこでここでは、半身浴のダイエット効果から基本的なやり方、さらに効果をアップさせるためのちょっとした工夫まで、半身浴とダイエットの関係を徹底的に解明していきたいと思います。

半身浴が体やダイエットにいいとされるのは、心臓などに負担をかけずに長い間お風呂に入っていられるので、体を芯から温めることができるから。血行がよくなり代謝が上がることで、次のような効果が期待できます。

・脂肪が燃えやすくなる
・肌の新陳代謝がよくなる
・冷え性が解消できる
・発汗作用によるデトックス効果
・体が温まるので安眠できる

ちなみに、1時間の入浴で消費するカロリーは約100kcal前後。一見少なそうに見えますが、半身浴ダイエットは運動のように直接カロリーを消費することではなく、ダイエットの鍵「脂肪の燃焼」を促進し、代謝の高い太りにくい体を作ることが目的。その結果、ダイエット効果が上がるわけですね。

やり方によって効果が変わる? 半身浴ダイエットの正しいやり方とは

このようにさまざまな嬉しい効果がある半身浴ですが、間違ったやり方ではなかなか思った通りの効果が得られません。しっかりダイエット効果を得るためには、正しいやり方で半身浴を実践する必要があります。

「体を温めること」が目的なので、まず気をつけなければいけないのはお湯の温度。温度が高すぎると体がすぐに温まってのぼせてしまいますし、体にも負担がかかるので長く浸かっていることは難しくなります。そこで、お湯の温度は38~40度を目安にしてください。

同様に、お湯の量が多すぎるのも少なすぎるのもよくありません。半身浴というぐらいだから、おへその辺りまで? と思ってしまいますが、正解はみぞおちぐらいまで。それ以上だと水圧で体への負担が増してしまい、それ以下だと体が温まりにくくなってしまうので、こちらも気をつけたいポイントです。

入浴時間は20分以上浸かることが必要です。そのままだと意外と長い時間なので、浴室用のテレビを持ち込んでTV番組やDVDを鑑賞したり、音楽を聞いたり、本を読んだりしながら入るのがおすすめ。心身共にゆったりできるリラックスタイムを楽しんでみてください。

半身浴ダイエットをさらに効果的にするちいさな工夫

ちょっとした工夫で半身浴ダイエットの効果・リラックス効果をさらに高めることもできます。

・お気に入りのエッセンシャルオイルを湯船に2~3滴たらす
エッセンシャルオイルの香りがリラックス効果を高めてくれます。ぐっすり眠りたい時はラベンダーやカモミール、体の芯から温かさを感じたい時はローズマリー、気分を変えたい時にはグレープフルーツやオレンジなどがおすすめです。柑橘系には食欲を抑えてくれる効果もありますよ。

・重曹を入れる
パンなどを膨らませるのにも掃除にもと家事に大活躍の重曹ですが、半身浴ダイエットの効果アップにも使うことができます。やり方はとても簡単で、大さじ2杯ほどの重曹を湯船に入れてかき混ぜるだけ。体が温まりやすくなり、発汗を促してくれます。

・しっかり水分をとる
水分補給をしっかりすることで発汗が促され、デトックス効果を高めることができます。半身浴中はペットボトルかコップに入れた水を手元に置き、こまめに飲むのがおすすめです。

最後に注意点ですが、アルコールを飲んだ直後や食後30分以内の入浴は避けましょう。また30分以上入浴する場合は休憩を入れ、しっかりと水分補給をしながら気をつけて行うようにしてください。