「スタイルを良くしたい!」と思ったとき

ふくらはぎの部位・部分痩せ!脚を細くする3つの痩せ方・美脚の方法まとめ

ふくらはぎが痩せない3つの理由

ふくらはぎが痩せにくい理由は、主に次の3つです。

1.筋肉の腫れがとりにくい
2.足のむくみがとりにくい
3.脂肪が落ちにくい

いずれもダイエットだけで解決はできません。しかし、ダイエットだけで解消できない、このふくらはぎの悩みも解決する方法はあります。実は、ふくらはぎの筋肉と脂肪、水分を適度にコントロールすれば解消できるのです。

まず、「筋肉の腫れがとりにくい」について考えてみましょう。椅子に座った状態で自分のふくらはぎを軽く揉んでみまてください。カチカチではありませんか。もし、硬ければ、それは筋肉が硬直している状態になっているのです。専門的な言い方をすれば、腓腹筋やひらめ筋が腫れている状態です。

では、どうして筋肉が硬くなっているでしょうか。ジムで運動したり、スポーツをしている人なら「筋肉の鍛えすぎ?」と思うでしょう。いいえ、違うのです。

立ち仕事などで足に常に負担をかけていると、ふくらはぎに「無理をさせている」状態が続きます。すると、ふくらはぎの筋肉が鬱血して腫れてしまいます。その結果、ふくらはぎが硬直してしまうのです。高いピンヒールを常に履いている女性にもこういう傾向がみられます。

この場合は、「ふくらはぎが緊張した状態を長時間続けない」「ストレッチでふくらはぎを伸ばす」「お風呂でしっかりマッサージしてもみほぐす」「寝るときは足まくらでふくらはぎを少し持ち上げる」といった対策をすることで、筋肉が柔軟になり、腫れがひいてふくらはぎが細くなります。

むくみを徹底的に解消する

2つめの足のむくみは「ふくらはぎに水分が溜まっている状態」のことです。ふくらはぎがパンパンに張って見えるような場合は脂肪ではなくむくみが原因と考えられます。

この場合は、「ウォーキングによる足の血行促進」「ふくらはぎを上から下へなでおろすリンパマッサージ」「仕事中は膝掛けをかけるなどして下半身を冷やさない」「半身浴をする」などを心がけてください。特に冷え性の人はまず冷え性を解消しましょう。

そのほかにも、ジュースの代わりに利尿作用のある紅茶、ココア、ウーロン茶を飲む、カリウムの豊富なメロンやバナナを食べるといった対策も有効です。また、普段塩分を多く摂取している人は食事の塩分を控えましょう。

脂肪吸引

ふくらはぎは筋肉が発達しており、本来脂肪がつきやすい部分ではありません。それだけにいったん脂肪がついてしまうと落とすことが難しい部分です。もし、ふくらはぎの脂肪がセルライト化してしまうと、マッサージでもほぐすことができません。そうなったら、外科的な治療が必要かもしれません。

ふくらはぎの脂肪吸引手術は、単に細くするだけでなく、理想の脚線を整えるため,バランスよくふくらはぎの形を整えることができます。セルライトによる凸凹もとれて、スッキリとした美しいふくらはぎを取り戻すことができるでしょう。