胸のことで悩みがあったとき

大は小を兼ねない?! 男に一番モテるバストのサイズは何カップ?C?D?

女性の胸の平均カップサイズは

あなたの胸は何カップですか? ほかの人はどうなんだろうと気になりませんか。

2012年にLCラブコスメが「都道府県みんなのバストサイズ」という調査を実施して話題となりました。
これは、全国47都道府県の女性に対し、胸のサイズのアンケートを実施し、各都道府県の平均バストを算出するというものです。
そこで終われば普通の調査でしたが、バストサイズの平均値によって日本地図を色分けしたため、SNSを中心に大きな話題を呼んだのでした。

調査によれば、全国で一番多かったバストサイズはBカップの18県、次がCカップの17県でした。BとCで全都道府県の約75%、つまり大半を占めています。
日本人のバストサイズの平均はB~Cカップと考えて良さそうですね。ちなみに、この調査では埼玉県だけがAカップという結果になりました。
夜のバラエティー番組では「埼玉貧乳問題」として大きく扱われました。
また、平均Eカップという結果が出た京都と岐阜では、巨乳の原因が探られ、大豆イソフラボン影響説がまことしやかに囁かれました。

余談はさておき、確かに下着専門店でも、B~Cカップのブラジャーは最も需要が多く、デザインや種類も豊富にそろっていることが多いですよね。
また、Cカップを境として、胸が大きい・小さいと認識がわかれるケースが多く、Cカップがバストの大きさの基準となっているといえそうです。

 

別の調査でもBとCで女性の半数が占められる

別のアンケート調査では、「あなたのバストカップを教えてください」との問いに、以下のような回答が集まっています。

Aカップ 19.9%
Bカップ 26.0%
Cカップ 23.8%
Dカップ 15.8%
Eカップ 7.9%
Fカップ 4.4%
Gカップ 0.9%
Hカップ以上 1.3%

26.0%のBカップが一番多く、次が僅差でCカップの23.8%という結果になりました。
BカップとCカップを足すと49.8%とおよそ半分。日本人女性の2人に1人はBカップかCカップということなんですね。

これは、女性の私としても納得できる結果です。Aカップも入れてA~Cカップの合計は69.7%とおよそ7割。
どちらかというと、バストサイズが小さめの人が多い結果となっています。

Dカップは15.8%とそれなりに人数がいる印象ですが、Eカップになると7.9%と10%を切り、
Fカップは4.4%、Gカップに至っては1%すら切ってしまうのですね。

年代別に見ると、10代は成長中ということもあるのか、A~Cカップが9割を占めるなど小さめが多数を占めます。
20代でバストが大きい人の割合が少しずつ増え、あとは年齢とともに小さくなっていく傾向がわかります。

一般的に、女性は20~30代でバストが一番大きくなるようです。


日本の社会人男性が好きなカップは?

日本人女性の平均バストサイズを見てきましたが、男性はAカップやBカップのような小ぶりな胸が好きなのでしょうか?
それとも、Cカップ以上のD・E・Fカップのほうが望ましいのでしょうか?

婚活の年収と同じように、男女間でミスマッチは起きていないのでしょうか。
女性向け情報配信サイト「マイナビウーマン」が2015年11月に社会人男性に対して行ったアンケートによると、理想の彼女のバストサイズは以下のような結果になりました。

1位 Dカップ        35.7%
2位 Cカップ        25.0%
3位 Eカップ        13.4%
4位 Bカップ        7.1%
4位 Gカップ        7.1%

1位はDカップ。やはり一番多くの男性が惹きつけられるのは、やや大きめのバストのようです。
日本人男性も例外ではありません。このサイズからいわゆる「巨乳」という認識が始まると思われます。

2位はCカップです。かなりの割合の男性にとって、バストはこのぐらいが大きすぎず小さすぎず適度な大きさということなのでしょう。
服を着たとき、ささやかな主張をするところにそそられるようです。

 

理想の胸と現実の胸でギャップが発生?

「胸の大きさは関係ない」という男性は結構います。
しかし、アンケート結果を見ると、Aカップは圏外。このことから考えると、そうはいってもある程度の大きさは求めているということでしょう。
女性にとってはある意味、悲しいものがあります。

一方、グラビアアイドル並のサイズであるGカップは4位でした。
小さいのは嫌だけど、だからといって大きければいいというわけでもなさそうです。

先ほど、日本人女性はA~Cカップで69.7%とおよそ7割を占め、どちらかというとバストが小さめの人が多い結果となっていることがわかりました。
ところが、男性の理想のバストサイズのアンケート結果のA~Cカップを足すと、40%以下という結果になります。

これは、小ぶりな胸を求めている男性が全体の4割しかいないのに、胸が小さい女性が女性全体の7割もいる、
つまり胸の小さい女性が余ってしまうことを意味しているのではないでしょうか。見逃せないギャップといえそうですね。

 

豊胸手術ではバランスが大事!

男性はC~Eカップを支持している数が全体の7割を占めていることから、やはりほどよく大きい胸が好まれていることがわかります。
一方で、FカップやGカップ人気の低さも押さえたいところ。

豊胸手術ならばAカップからEやFを目指すこともできますが、このアンケートを踏まえると単純に大きければ良いとはいかないようです。

現在は豊胸手術も進歩しており、徐々にボリュームアップさせることが可能です。
一気にサイズを上げるのではなく、少しずつ大きくして反応を確かめてみてはどうでしょうか。
アンケートではDカップがベストという結果になりましたが、身長や体重によってバランスの良いバストサイズは変わってきます。

さらに、男性が女性を見たときに「魅力的なバスト」と直感的に感じるのは、バスト・ウエスト・ヒップの比率が大きく関わっています。
たとえバストが大きくても、ウエストとヒップもバストと同じ比率でくびれのないスタイルだったら、男性は女性に魅力を感じません。

バスト・ウエスト・ヒップの比率には、黄金比といわれるベストバランスがあります。

その「黄金比」とは、

B:W:H=1:0.7:1

国内外の有名モデルや女優も、この黄金比に当てはまっているケースが非常に多いです。
それぞれ体重は違うし、バストが必ずしも大きいというわけではありません。しかし、黄金比を満たしていると女性は美しく見えるのです。
理想的な体型に近づけるためにも、豊胸をする際には体全体のバランスを重視し、理想の体について医師とよく話し合っておきましょう。