「スタイルを良くしたい!」と思ったとき

あの食べ物は高カロリー?ジャンル別外食メニューのカロリー比較

ヘルシーなイメージのメニューでも、意外に高カロリーなこともある

忙しくて自宅で食事を作る暇がない、仕事の付き合いやパーティーが増えてここ最近は外食ばかり、といったときは、知らず知らずに野菜不足やカロリーオーバーになりがちです。できるだけヘルシーなものを選んだつもりでも、実は意外に高カロリーな食べ物もあったりするので、外食が増える時期は注意が必要です。パーティーや夜の外食でよく選ばれるメニューの中では、どういったものが高カロリーなのでしょう。また、ヘルシーだと思っていたら意外と高カロリーな食べ物にはどのようなものがあるのかをご紹介します。

中華料理はラーメンよりもかに玉や酢豚を

油をたっぷりと使用した中華料理には高カロリーなメニューが並びます。特にラーメンやタンメンといった麺類は800~1000kcalに近いものが多く、連日のラーメンなどは控えた方が無難です。春巻きなどの炭水化物を油で揚げた料理も高カロリーです。中華のメニューを選ぶなら、200kcal前後でおさまるかに玉や八宝菜、酢豚を選ぶようにしましょう。

高カロリーなイタリアンはパスタソースに注意

見るからにカロリーの高そうなイタリアンですが、パスタ自体のカロリーはうどんやラーメンとさほど変わりません。問題なのはパスタにかけるソースです。カルボナーラやミートソースなど、脂肪分がたっぷり含まれたソースがかかると、それ1品だけで800kcal台にはねあがります。外食でパスタを食べるなら、きのこ、ボンゴレといった比較的あっさりしたソースのものを選べば大体500~600kcalでおさまります。ピザの場合はシートの部分が薄く、上の具がシンプルなものがおすすめです。シートが厚く、耳にも具材が入っていたり、上に乗った具がてんこ盛りだったりするピザになるほど高カロリーになっていきます。

和食は低カロリーだが、思わぬ落とし穴も

基本的にはヘルシーで低カロリーの和食ですが、お寿司の場合はネタ選びに注意が必要です。大トロやぶりといった脂の乗ったネタは1貫で100kcal近いものもあり、10貫食べるとそれなりの高カロリーになってしまいます。全体的に握りよりも軍艦のほうがカロリーは高くなるようです。また、酢飯にはお酢以外に結構たくさん砂糖が入っているのも盲点です。外食でお寿司を食べるなら「トロばかり」というような食べかたは控えて、シャコやタコといった、1貫40~50kcal程度の魚以外のネタも混ぜるのがよいでしょう。

居酒屋メニューは賢く選べば低カロリー

居酒屋でおなじみのメニューは枝豆や豆腐は約100 kcal、キムチは約10kcal、焼き鳥盛り合わせでも約300kcalと意外にヘルシーなメニューが多いのです。から揚げも鶏の代わりにタコを選ぶとカロリーが約半分になります。ほかにもサラダやキャベツといった野菜中心のメニューも充実しています。揚げ物のような高カロリーな食べ物でも、全部食べずにシェアすればカロリーダウンすることが可能です。外食で居酒屋に入るなら、上手にメニューを選べばダイエット中でもお腹いっぱいになれそうです。

ダイエット中に外食が増えた場合は、自分が食べるものに無頓着にならずに上手にメニューを選んで、低カロリーになるよう気をつけておいしい外食を楽しみましょう。