「スタイルを良くしたい!」と思ったとき

あなたはどっちが多い?皮下脂肪と内蔵脂肪の違い

皮下か内蔵か、同じ脂肪でも付く場所で色々と違う

メタボリックシンドローム(内蔵脂肪型肥満)という言葉が一般的になった今、脂肪のつく場所は大まかに皮下脂肪と内蔵脂肪の2種類に分けられるということについて知っている人も多くなってきました。しかし、自分の体に皮下脂肪が多いのか、内蔵脂肪が多いのかをしっかりと分かった上でダイエットに取り組んでいる人はまだまだ少ないでしょう。単純に「お腹の脂肪を減らしたい」と思っても、それが内蔵脂肪か皮下脂肪かによって、蓄積された原因や引き起こされるリスク、脂肪の落ち方にも違いがあります。内蔵脂肪と皮下脂肪にはそれぞれどのような特徴や問題があるのか、紹介していきましょう。

内蔵脂肪と皮下脂肪の見分け方

内蔵脂肪と皮下脂肪の一番簡単な見分け方は「つまめるかどうか」です。フニャンとつまめて、その下に筋肉を感じる場合、その脂肪は皮下脂肪です。腰回りやお尻、太ももといった下半身につきやすいことから「洋ナシ型肥満」などと呼ばれたりします。一方、内蔵脂肪の場合はつまもうとしてもつまめず、内側からパーンと張りのあるお腹をしているのが特徴です。筋肉の上ではなく、内蔵に脂肪がくっついている状態で、高脂血症や高血圧といった症状と密接に関わっていることが多い肥満です。ストレスや飲酒、運動不足が原因となることが多く、内蔵の集まっているお腹に脂肪が集中するため「リンゴ型肥満」と呼ばれます。大抵の人は内蔵脂肪と皮下脂肪の両方がついていて、そのうちどちらの割合が多いかによって対策が変わってきます。

皮下脂肪が女性に内蔵脂肪が男性に多いわけ

一般的に皮下脂肪は女性につきやすく、内蔵脂肪は男性につきやすいといわれています。これは脂肪の蓄積にホルモンの分泌が影響しているためで、例えば思春期以降の女性は、女性ホルモンの影響で妊娠や出産に備えて丸みのある身体に変化しますが、その際に皮下脂肪を蓄積しやすくなります。一方男性ホルモンは筋肉の量を増やすはたらきがあり、筋肉が増えることに連動して、筋肉を動かすためのエネルギーとして内蔵脂肪を蓄積しやすくなります。

落ちない皮下脂肪、リスクの高い内臓脂肪

男性ホルモンによって筋肉のエネルギーとしていつでも使える状態になっている内蔵脂肪は燃焼されやすく、食事制限や有酸素運動をすると皮下脂肪よりも先に使われていきます。蓄積もしやすいですが落とすのも簡単な脂肪だといえます。一方で脂肪を燃やす努力をしないで内蔵脂肪が多い状態を続けていると、糖尿病や動脈硬化、心臓病といった生活習慣病を発症するリスクが高まってしまいます。皮下脂肪が直接生活習慣病のリスクとなることは少ないのですが、皮下脂肪も多過ぎると内蔵を圧迫したり、関節を痛めるもとになったりします。女性ホルモンの影響で、赤ちゃんや自分の体を守るために貯蔵されている脂肪のため、なかなか落ちないのも特徴です。放っておくと生活習慣病にかかるリスクが高い内臓脂肪はつきやすい半面落としやすいという特徴があります。内蔵脂肪が多い人はすぐにでも食生活を見直し、有酸素運動を取り入れるなどして、内蔵脂肪をどんどん燃やしていきましょう。そうした生活を続けることで、最終的に皮下脂肪もなくなっていくのです。