「胸を大きくしたい!」と思ったとき

補正ブラでラクラクバストアップ!種類や選び方は?

補正下着をつけることでバストアップできる!というのは本当なのでしょうか。「補正ブラはなんだか高いだけで信用できない…」と思ってはいませんか。補正下着は、正しい選び方や付け方が分かれば、きちんと効果が出るものなのです。そもそも脂肪はふにふにと柔らかく触り心地がよいのですが、その分定着せず動いて本来の位置から流れてしまいやすいものなのです。そこで、「背中やお腹に流れてしまった脂肪を胸に移動させることでバストアップさせよう」という考え方に基づいて作られたのが補正下着です。具体的には「育乳ブラ」と呼ばれるタイプになります。それでは補正下着にはどんな種類があるのか、どうやって選べばいいのかを具体的にご紹介します。

補正下着の種類

補正下着には大きく分けて以下の3種類があります。

1.寄せてあげるブラ
寄せてあげるブラは、着けるとすぐに胸のサイズを大きく見せることができる=「盛れる」ものの、外すと元の形に戻ってしまいます。そのため、本格的に育乳したいという方は次の「育乳ブラ」がおすすめです。

2.育乳ブラ
その名の通り、自分の脂肪を集めて大きく育てることを目的にしたブラです。短期間で効果は出ませんが、2か月でバストのハリを感じたという人もいます。だいたい1か月~1年程度を目安に効果を実感される人が多いようです。

3.ナイトブラ
眠っている間の姿勢や重力でバストの形が崩れたり垂れたりするのを防ぐブラです。こちらはすでに大きい胸の方向けです。ただし、胸が小さくても寝る間ブラを付けておいたほうがよいのは事実のようです。

補正下着の選び方

補正下着はとにかくサイズが重要です。なぜなら大きすぎても脂肪が外に逃げてしまい、小さすぎても窮屈で血流が悪くなってしまうからです。一番よいのはお店で店員や専門の人に合っているかどうかしっかり見てもらうことです。例えば育乳ブラのブランドとして有名な「ブラデリス」は、実店舗でフィッティングすることができるのでおすすめです。
次に補正下着のタイプです。「ロングブラジャー」と呼ばれる、ブラジャーの下が長くウエストまで包み込むタイプは、お腹のお肉を持ち上げるだけでなく、お腹を締め上げ姿勢もよくなるという効果があります。そこまで本格的でなくてもよいのであれば、通常のブラジャーと同じようにフルカップ(大きい人向け)、3/4カップ(バストが離れている人向け)、1/2カップ(小さい人向け)などを選ぶとよいでしょう。

補正下着で注意すること

補正下着を使う際には注意することがあります。まずは必ずしも期待する効果が出るとは限らないものだという認識を持つことです。そのため、長い目でバストアップを測ることが大事です。それでも、自分に合った下着をつけると黒ずみや冷え性、血行不良を改善する場合があるので、下着を一度見直してみるのは有益です。次に下着を買う時には自分に合ったものを選ぶことです。育乳ブラは通常よりお値段が高めというだけでなく、長期間使うものになります。また複数枚購入することになるので初期投資にそれなりのお金がかかります。だからこそ、お店で試着して十分に検討し、自分に合った1枚を選びましょう。

バストアップしたいだけじゃなく、バストの位置や形、左右のサイズなど気になる人は補正下着をつけることで悩みが解消されるかもしれません。もちろん最初にお金がかかったり、効果が分かりづらかったりというデメリットもあります。しかし、自分の体に合わない下着を見直すだけで、見た目や健康改善のメリットもあります。自分の胸は一生付き合っていくものです。それならば早く補正下着を始めてみるのもよいでしょう。