豊胸手術について知りたいとき

脂肪注入法豊胸術って実際どうなの?メリットとデメリットを徹底比較

脂肪注入法による豊胸手術について

自分の脂肪を利用してバストアップをすることができる脂肪注入法。その自然な柔らかさや、気になる部分のダイエット効果もあるため、メリットの多い術式です。ただし、脂肪注入法には多くのメリットがある一方で、デメリットやリスクがあることも事実です。だからこそ、その両面を知って、自分で選ぶことが大切です。今回は脂肪注入法のメリットとデメリットについて紹介します。

脂肪注入法でメリハリのあるボディラインをゲット

豊胸手術と聞くと、不自然な形や硬さをイメージしてためらう人もいるかもしれません。脂肪注入法による豊胸手術のメリットの1つに、自分の脂肪を利用した違和感のない自然な柔らかみという点があります。また、自分の脂肪を利用しているため、体のアレルギー反応が起こる可能性もほとんどありません。手術時には極細の針を用いた脂肪注入器を利用するため、手術跡も残らず、その日のうちに帰ることができます。加えて、脂肪注入法は自分の体の気になる場所から脂肪を吸入して、その脂肪を利用する方法です。つまり、気になる部分を細くしてバストアップをするため、メリハリのある理想的なボディラインを手に入れることができます。

メリットばかりではない?脂肪注入法のリスク

メリットのたくさんある脂肪注入法ですが、一方でリスクやデメリットがあることも事実です。実際の失敗例から脂肪注入法のデメリット面も紹介します。

【ケース1】しこりができてしまった
脂肪注入後、しこりができてしまうことがあります。本来、注入した脂肪は一部死んでしまい、吸収されて消滅します。しかし大きな塊として死んだ場合、吸収されずに脂肪の塊として残ってしまうこともあります。しこりは触ってばれてしまうというデメリットがあるだけではなく、乳がん検診で写真に写り再検診が必要になる、数年後に痛みを伴う場合があるなどのリスクがあります。しこりの症状や状態によって対処法は変わりますが、注射器で内容物を吸い出すか、脇を切開して太い注射器で内容物を吸い出すといった方法があります。ただし切開をする手術では手術跡が残ってしまいます。

【ケース2】感染してしまった
ごくまれに、脂肪が感染してしまうといった失敗例があります。軽度なものから重度なものまで合わせて、その発生率は3%ほどです。移植したての脂肪は、ばい菌に弱いため、感染してしまうと注入した脂肪はすべてダメになってしまいます。また、一度感染すると通院治療が必要となります。治療では、感染した脂肪を出したり、抗生物質を利用したりします。

【ケース3】大きくならない
豊胸をしても定着せずにすぐになくなったり、手術の時点で効果があまり見受けられなかったりしたらがっかりですよね。しかし、脂肪注入の場合、脂肪の吸収率の高さから4〜5割は定着せずに脂肪が消えてしまうといわれています。また、痩せていて脂肪があまりついていない場合、脂肪自体が足りないため、効果を実感しにくい可能性があります。実際にアメリカでは脂肪注入法で満足がいかなかったと人が3%いたということが調査で分かっています。対処法は、もう一度行うか、別の方法を試すこととなります。

脂肪注入法はメリットだけではなくデメリットも存在します。大切なことはどちらも知ってから、自分で選択すること。失敗例などもふまえながら、豊胸手術の選択肢の1つとして参考にしてみてください。