豊胸手術について知りたいとき

豊胸手術、触られたらバレる?バレない?彼氏にばれない方法まとめ

豊胸手術の種類

「胸が小さいのが悩み…」。そんな女性を救ってくれる豊胸手術。一口に「豊胸手術」といっても、いくつか種類があります。
大きく分けると「脂肪注入」「ヒアルロン酸」「シリコンバッグ」の3種類です。

 

  • 脂肪注入

脂肪注入は、自分のお腹などの脂肪を吸引して、乳房に注入する方法です。
自分の体の一部を注入するため、なじみやすく体に対する負担も少ないといったメリットがあります。
また、乳房には元々脂肪が多く存在するため、注入した脂肪細胞が定着すれば、見た目も手触りも、たとえレントゲン撮影をしても豊胸手術の傷痕はほとんどわからなくなります。

「胸を大きくしたいけれど、シリコンなどを入れるのには抵抗がある」「体にメスを入れたくない」「できるだけ自然な触り心地の胸を手に入れたい」という女性は、脂肪注入法がおすすめです。
自分の脂肪を入れるので、気になる部分がある人は、その部分の脂肪も取り除くことができて一石二鳥です。注入した脂肪の半分は生着し、半永久的に残るのもメリットといえます。
お腹や太ももなど、気になるところから吸引し、バストに注入するので、肥満度の割にバストが小さい人が体のバランスを取るのにも向いています。

 

  • ヒアルロン酸

豊胸手術で使われる「ヒアルロン酸」は、元々私たちの肌に含まれる、肌のハリや潤いを保つための保湿成分です。
自分の重さの6,000倍もの水分を取り込み、ゼリーのようにプルプルとした弾力を保つため、豊胸に向いているといえます。元々体の中にある成分なので、注入しても体にあまり負担をかけません。

施術時間も短く、入院の必要がないので比較的気楽にできるのもメリットです。
「胸を大きくしたいけれど肌を切開しバッグを入れるのに抵抗がある」「日常生活に支障を出したくない」といった女性は、ヒアルロン酸をバストに注入してサイズをアップさせる方法が向いています。
注射器によって注入するので、体に傷が残らないのも支持される理由です。

ただし、ヒアルロン酸は体内に吸収される物質なので、持続効果は約3年です。
また、あまり多く入れすぎるとバストを維持するのが困難になるので、注入する量が限られています。つまり、段階を踏んだバストアップしかできません。1~2カップ上くらいのサイズアップを目指す人でしたら問題ないでしょう。

 

  • シリコンバッグ

「シリコンバッグ(インプラント)」などを挿入する方法は「一気に大きな効果が得られる」という点が魅力です。

「バッグ挿入法」「プロテーゼ法」とも呼ばれます。生理食塩水バッグ、シリコンバッグ、バイオジェルなどを胸に挿入し豊胸する、いわば昔からある方法です。
脇下のシワに沿って切開して行います。傷痕は数ヵ月で目立たなくなりますが、術後のマッサージは欠かせません。

人工乳腺を乳腺下もしくは大胸筋下に挿入し、バストアップを図る方法なのですが、人工乳腺にはいろいろな種類があります。
皮膚や乳腺の厚み、体の肉の付き具合や骨格、出産及び授乳経験、希望するバストの大きさや感触などを、医師としっかり話し合って決めていきます。

現在、素材は人体に無害なものが選ばれ、バッグの耐久性も向上したため安全性も高くなりました。
最新式の「コヒーシブシリコンバッグ」は、ひと昔前では考えられなかったほど高品質であり、その割に値段も抑えられています。

 

シリコンバッグは「質感の違い」に注意

いずれの豊胸手術も、極端なサイズアップをしなければ見た目でばれる心配はほとんどありません。
元々やせている人が大きなシリコンバッグや大量のヒアルロン酸を注入すると、まず間違いなく見た目は不自然になります。コンプレックスを一気に解消したいという気持ちもわかりますが、いかにも人工的な見栄えにならないよう注意しましょう。

触られてばれる可能性ですが、脂肪やヒアルロン酸は元々乳房に存在する成分であるわけですから、触られても揉まれても気付かれることはまずないでしょう。

シリコンバッグも乳房の奥に埋め込むため、触ったり軽く揉んだりした程度ではわかりません。
ただし、注意しなければいけないのは、大きなバッグを挿入した場合です。Hのときなどで彼氏に強く乳房を揉まれると「質感の違い」に「あれ?おかしいな」と気付かれてしまうことがあるようです。

巨乳に憧れて大きなシリコンバッグを挿入した女性の中には「生まれつき胸が敏感だから強くもまれると痛い」「胸を触られてもまったく気持ちいいと思わない」などと予防線を張って、彼氏の「過度な胸へのコミュニケーション」を断っている人もいるそうです。

ばれるときに意外な落とし穴なのが「痛み」です。
脂肪注入の場合は約2週間程度、筋肉痛のような痛みが発生することがあります。ヒアルロン酸は少量のみを注入する場合は痛みませんが、組織を剥離して注入する大掛かりな施術を行ったあとは、強い痛みが1週間程度続きます。
また、硬さゆえに、無意識でうつぶせ寝をしてしまうことで痛む場合もあります。そして、シリコンバッグは腕を上げられないほどの激痛が、約2週間続くことがあります。挿入箇所が乳腺下の場合より、大胸筋下のケースのほうが痛みは激しいようです。

Hをしないと決めて会っても、彼氏から胸を触られたりすることもあるでしょう。たとえ相手が冗談半分だったとしても、激痛に身悶えてしまったらそこでバレてしまいます。術後はなるべく人と会わずに、家で静かに過ごしたほうが良さそうですね。

 

手術の痕は目立つ?

脂肪やヒアルロン酸の注入は注入口もごく小さく、乳房の裏の目立たない部分から注入するため、傷痕はほとんどわからなくなります。
ただし、シリコンバッグの挿入には、バッグにある程度の大きさがあるので、最低でも3センチ程度の切開を行う必要があります。一般的にシリコンバッグ豊胸術を行う際の切開は、「腋窩切開」「乳房下溝切開」「傍乳輪切開」「側胸部切開」の4種類がありますが、現在は腋窩切開による施術が最も多く行われています。

たとえ大きなシリコンバッグでも、小さな切開口から挿入できるような道具を使用するクリニックも増えていますので、傷口は入れる物の大きさよりかなり小さくなります。

つまり、いかに傷を小さく目立たなくするか。それは手術を担当する医師の技術にかかっているといえるのです。