胸のことで悩みがあったとき

みんなやってる!芸能人・女優・セレブ 整形・豊胸疑惑の噂&ゴシップまとめ

160315_豊胸疑惑_比較ラボ

芸能人の豊胸疑惑 言い訳できない場合も

芸能人はゴシップが命。「最近売れなくなってきたな」と感じたら、「結婚」「離婚」「不倫」「怪我」と内容はどうあれ、とりあえず話題を作って、世間の注目を集めたい芸能人はたくさんいます。

しかし、いくら話題作りとはいえ、さすがに「豊胸手術」で注目を浴びたい芸能人はいないでしょう。しかし、世間からは「あの人の胸は豊胸では?」という疑惑の目を向けられる人は少なくありません。

では、なぜ次々と芸能人の豊胸疑惑が持ち上がるのでしょうか。
理由の1つは、一般人より注目度が高いということがあげられるでしょう。これはセレブも同様です。もう1つの理由は、芸能人は過去の写真や映像が豊富に残されているため、現在と過去のスタイルを比較しやすいからです。

女性のバストは20歳を過ぎて突然、成長することもあります。
しかし、体のほかのパーツや全体的なプロポーションはほとんど変化していないのに、「バストだけが大きく成長した」というのはいかにも不自然に思われます。若い頃の写真と現在の写真を比較すると、「ちょっとこれは言い訳できないね」というようなケースも少なくありません。

不自然なバスト疑惑の芸能人は誰?

例えば「ゴージャスでセレブ」なユニットとして名高いK姉妹。
お姉さんのKさん、妹さんのMさんともに、清楚な過去の写真と比べると、今のバストはあまりにもゴージャスすぎです。「セレブな男性とのリッチな生活で成長した」としても、あまりにも不自然に思えます。

また、K姉妹はバストサイズ・形状ともにあまりにも不自然な印象を受けます。特にMさんのような完全な半球形の乳房は、豊胸手術以外にはちょっと考えられないと思われるのです。

さて、K姉妹の場合は「タレントとしての売り方そのものが独特」ということもあって、世間からのバストに対する疑惑は気にしていないようです。

一方、「絶対に豊胸でしょ」「あまりに露骨でしょ」と世間から容赦なく激しい突っ込みをされている気の毒なタレントもいます。

例えば、某国民的アイドルグループでセンターを張っていたこともあるIさん。彼女は身長154センチで体重30キロ台と非常に小柄でスリムなのです。

そのIさんは、グループを卒業してソロになってから突然バストがEカップ(推定)にまで急成長しました。これはいくらなんでも「成長期を迎えました」では説明がつかないレベルです。

もともと熱狂的なファンが多いIさん。多くのファンから深く愛されているがゆえに、かえって厳しい批判にさらされてしまったケースかもしれません。

バストが巨大化した某グラビアアイドル

健康的なボディーを惜しげもなく披露するグラビアアイドルの場合、胸の形や大きさは重要なポイント。

身長157センチ、体重39キロのスレンダーボディーに、バスト89センチ驚異のGカップ。まさに巨乳と呼ぶにふさわしいバストを誇る、遅咲きグラビアアイドルSさんの胸の変遷はそれこそ驚異です。

2002年、彼女が20歳当時の画像を見ることができますが、この当時はむしろやや小ぶりなバストといった印象。初の写真集を出した翌2003年の帯には「豊満なバストで新境地」と書かれていますが、寄せているにしても前年と比べるとだいぶ胸が大きくなったように感じます。ここから彼女の胸は巨大化の一途をたどります。

24歳の初DVDでも、だいぶ大きく見えるように。このときは胸が下に垂れずに、丸みをキープしているようです。その3年後の2009年には、もはや大きくなったというレベルを超え、びっくりするくらい巨大化しています。胸を寄せるだけでは出ないボリューム感に、「この間に絶対豊胸手術をした」と見る人が多いようです。体が細いのに胸だけ大きいという不自然さも、疑惑をほぼクロにしている理由です。

彼女のほかにも、セレブキャラのグラドルMさんは整形を告白し話題になっていますので、豊胸手術も行ったと考えるのが自然です。グラビアやバラエティーなどで活躍しているTさんは、グラビアファンのあいだではお椀型の豊胸おっぱいを「テジパイ」と揶揄されています。

グラビアアイドル業界は、生き馬の目を抜くきびしい世界。たとえファンの人たちにバレバレだとしても、話題にのぼればその時点で勝ちといえるかもしれません。

海外のタレントのあいだではかなり一般的に

豊胸の話題は何も日本だけで騒がれているわけではありません。むしろ、世界に目を移すと、日本よりも手軽に豊胸を選んでいるタレントがいることに気付かされます。

世界で18番目に収入の多いアーティストでもあり、女性芸人にもパロディーされているBさんの胸は、明らかに昔よりボリュームアップしています。かつての写真と比べると何かしら手を入れたのは明白ですが、「バストアップの仕方が上手なのだ」と主張する人もいます。

世界的にも超有名なイケメンサッカー選手を夫に持つVさん。以前から豊胸手術や減胸手術を繰り返していると囁かれていました。これまでは一貫して「自然に胸の大きさが変化した」と主張してきましたが、米誌の最新インタビューでは手術を受けた事実を認めています。

 

豊胸なの?天然なの?

160315_豊胸疑惑2_比較ラボ

一人、「豊胸か?それとも天然か?」という話題のネタにしばしばなるのが「元祖・最年長グラドル」として遅咲きのブレイクを果たしたHさんです。

彼女は10代からモデルとして活動していたので膨大な過去写真があります。
20台前半の頃まで、Hのさんはどちらかというと貧乳の部類でした。それがいつの間にあのような見事な胸に成長したので、世間からは豊胸疑惑の目が向けられました。

しかし、彼女の場合はあまりにもバストの形が自然です。そこで「ひょっとしてブレイクと同様、発育期も人より遅かっただけでは」という擁護する意見もあります。

結局のところ、芸能人の豊胸疑惑がうわさになるポイントは、単に胸が大きくなったというだけではなく、「見た目が極端に変わりすぎ」「不自然すぎ」といたところにあるようです。

一般人の私たちも、このことを忘れずにおいて、豊胸手術を受けるときには腕のよい医師を選び、「自然に、やりすぎない程度に」ということを心がけたほうがよさそうです。