豊胸手術について知りたいとき

授乳前にできるバストアップ!子供への影響のない妊娠中の豊胸手術とは

豊胸術は授乳に影響するの?

豊胸術には、豊胸バッグ、脂肪注入法、ヒアルロン酸注入などの種類がありますが、どの手術であっても妊娠や授乳への影響は問題ないとされています。バストの組織内で母乳をつくる役割を果たしているのが、乳腺です。乳腺が傷つかない限り母乳も作られ、問題なく授乳もできます。豊胸術は乳腺を傷つけることがないため、この点でも安心といえるでしょう。豊胸バッグの中身の生理食塩水やシリコンは人体に影響を与えるものではなく、母乳にも問題ないとはされています。

脂肪注入などの手術では乳腺に注入することはなく、プロテーゼを挿入させるプロテーゼ法も乳腺を傷付けないように手術を行います。

プロテーゼ法は生理食塩水、シリコンなどさまざまな種類の素材のバッグがあります。注意点としては、妊娠中、授乳中は乳腺が発達するため、完全に授乳が終わるまでは抜去や入れ替えなどの手術ができません。また、妊娠中や授乳中は豊胸手術をしていなくても胸が張りますので、バックを挿入している人はより圧迫感を感じるかもしれません。そのため、妊娠前に豊胸バッグを抜去する人は少なくありません。それは乳腺が発達し、大きくなることによって発達するためで、挿入している豊胸バッグが膨らむわけではありません。出産後は解決されることでしょう。

授乳前に最適の豊胸手術は?

それでは、妊娠、授乳前にはどのような豊胸術がよいのでしょうか?ヒアルロン酸や脂肪注入による豊胸は徐々に身体に吸収されるため、乳腺を圧迫して傷つけるという心配はありません。妊娠出産する可能性がある人は豊胸バッグよりも脂肪注入やヒアルロン酸注入法豊胸を選ぶと、より安全性が高いでしょう。

妊娠を前に豊胸バッグ除去を選んだ後、バストの大きさを保ちたい人は脂肪注入法豊胸を選ぶケースが多いようです。
一方、ヒアルロン酸や脂肪注入による豊胸は、時間が経つごとにバストが小さくなるというのがデメリットです。妊娠、出産後、豊胸バッグ挿入による豊胸で、半永久的に形の良いバストを維持する人も多くいます。さらに、下垂したバストを復活させるといった目的にも適っていると言えるでしょう。

また、授乳後のバストは皮膚が伸びやすくなっており、脂肪注入法豊胸は脂肪の定着率が良くなるというメリットもあります。

授乳前の豊胸手術は、各手術法のメリットとデメリットを見極め、身体や生活スタイルに合った種類を選びましょう。