豊胸手術について知りたいとき

豊胸手術は未成年の10代から受けられる!? 10代の整形・豊胸事情

10代の豊胸について

10代の豊胸手術は可能なのでしょうか?豊胸手術については、第二次性徴期(初潮を迎え、バストが膨らんで女らしい体つきになること)が終わり、成長期が過ぎるのを待つ必要があります。特にプロテーゼや脂肪注入などによる手術は早くても18歳になってからになります。
メスを使用しない、ヒアルロン酸注入豊胸などもありますが、やはり成長期が終わった18歳になってからにした方がよいでしょう。

ヒアルロン酸注入法は注入時間も10~20分程度で、傷跡を残さない、身体に負担がかかりにくいといったメリットがあります。費用は、ヒアルロン酸の種類や注入量によって異なりますが、10ccあたりm5万円から10万円プラス技術料が相場の目安となります。

それでは、18歳以下のティーンはどのような方法があるか、見てみましょう。

10代のバストアップについて

まだ豊胸手術ができない、18歳以下の10代の女子もバストが気になるという人は多いでしょう。そんな人たちのために、生活の中で気軽にできるバストケアをご紹介します。

・バランスの良い食生活を
バストのためにはバランスのよい食生活を心がけましょう。コンビニのお弁当、インスタント食品、ファーストフードなどはできるだけ摂取しないように心がけます。栄養が偏り、成長期の成長を妨げるからです。また、バストサプリメントとされるプエラリアはこの時期は摂取しない方がよいとされます。女性ホルモンの分泌が活発な時期に若年層には副作用で生理不順などになる傾向があります。

・大胸筋を鍛えましょう
大胸筋はハリのある上向きなバストのための重要な部位です。大胸筋をきたえる運動をするとよいでしょう。簡単なエクササイズをご紹介します。

1胸の前で両手を合わせます。
2ゆっくりと両手を押し合うように力を入れ、そのまま7秒間キープします。
3 7秒間後にゆっくりと力を抜きます。
以上のエクササイズを1日3セット行います。このエクササイズに加えて、腕立て伏せを行うとさらによいでしょう。

・バストアップマッサージ
女性ホルモンの分泌が良い時期に胸が小さいのは、乳腺が促進されていないのが原因です。遺伝や体質で乳腺の働きが悪いことが要因となっています。マッサージ法としては、

1乳首の周りを軽くつまむように20~30秒そっと刺激します。
2その後、1の場所を軽くもみます。
3乳房の輪郭にそって、わきのところから胸の中心へと乳房を持ち上げるようにマッサージをします。
4 3のマッサージを外から内、内から外、外から内へと行います。
5両手で片手の乳房を輪郭に沿いながらやさしく手で持ち上げるように上へとマッサージします。
6 5のマッサージを左右5回ずつ繰り返します。

以上を入浴中か入用後に行うとよいでしょう。