「胸を大きくしたい!」と思ったとき

マッサージで大きく!彼女の胸をバストアップ 3つの方法

やっぱり気になる? 彼女のバストサイズ

あるニュースサイトが「彼女の胸が“まな板”だったらどうする?」というアンケートを行ったところ、
「気にならない」が約52%、「気になる」が約48%という結果になったそうです(2014年4月、マイナビウーマン調べ)。

 

気にならない派のおもな理由としては

  • ほかに魅力があるから
  • 胸で判断しているわけではない
  • むしろ小さい胸が好きだから

という回答が目立ちました。

 

一方、気になる派のおもな理由としては

  • 巨乳が好きだから
  • あまり小さすぎるのはちょっと
  • 楽しみがなくなってしまう

など、男性の欲求に素直な意見が寄せられました。

 

胸が小さな女性からすれば、半数近い男性が「気にならない」と言ってくれるのは、「うれしい」と感じるかもしれません。
しかし、それとほとんど変わらない数の男性が気になっているという事実もあるのです。

 

彼氏といっしょにバストアップ

彼女のバストサイズが気になる男性は、あきらめなければならないのでしょうか?
実は、彼氏の努力によって胸の大きさをある程度は変えることができるといいます。その方法を紹介しましょう。

 

  • 彼女の胸をマッサージ

女性の胸を大きくする要素の1つに、女性ホルモンがあります。このホルモンは胸を刺激するときに分泌される物質で、リラックスしている状態だとより活性化するといわれています。
つまり、胸を揉んで刺激を与えることで、バストアップが期待できるというわけです。
もし、彼氏が彼女のバストアップのために胸を揉んで刺激を与えるのであれば、彼女がリラックス状態になってからマッサージをするように、優しく刺激してもらいましょう。
ただし、揉む時間には注意が必要です。長い時間にわたって胸を揉み続けると脂肪の燃焼が始まってしまい、逆に胸が小さくなる可能性があるからです。

 

  • おっぱい体操

テレビで話題になった「おっぱい体操」をご存じでしょうか?
これは、胸を揺さぶることでリンパを刺激し、健康的でふわふわのマシュマロおっぱいにする体操です。
同時に、脇の下に落ちた肉を正しい胸の位置に戻すことができ、バストアップにも効果的なんです。やり方は以下のとおりです。

 

  1. 両方の胸を、脇の下から寄せ上げるように持ち上げ、そのまま1秒間に3回のペースで10秒間(30回程度)手をフルフルと揺らします。
  2. 胸の下から真上におっぱいを持ち上げ、同じように10秒間おっぱいを揺らします。

 

これを適度な時間やるだけです。ぜひ彼氏にやってもらってください。

 

ほかにもまだある!彼氏といっしょにバストアップ

彼氏と行うバストアップは、マッサージや体操といった直接的な方法だけではありません。
ほかにも、下記のようなものが有効です。

 

  • いっしょに筋トレ

運動をすると体がポカポカしてきますが、これは血流量が増えているためです。
血流が増えると新陳代謝が改善され、全身に栄養が行き渡ります。バストに栄養がスムーズに供給されることで、自然とバストアップが期待できます。
さて、筋トレで重点的に鍛えたいのは「大胸筋」という筋肉で、いわゆる胸板の部分です。
大胸筋が発達すればバストが押し上げられるだけではなく、胸の形も美しくなるという相乗効果が見込めます。

大胸筋は腕立て伏せやダンベルなどで効果的に鍛えることができます。
ただし、筋トレをしすぎると胸の脂肪が燃焼するので、ほどほどにしておくのが良いでしょう。
つらい筋トレも、彼氏にサポートしてもらえれば続けられるのではないでしょうか?

 

  • いつもと違ったデート

女性ホルモンは、女性がキュンとしたときも分泌が活発になります。
例えば夜景のきれいなスポットに行ったり、花などのプレゼントをサプライズでもらったりしたら、キュンとなってしまうのではないでしょうか?
長く連れ添って相方とマンネリ気味の人は、ちょっと気になる男友達を誘ってみるのもいいかもしれません。

 

  • あえて太る

女性は「やせる」ということに熱心ですが、まれに過剰なダイエットをしてしまう人もいます。
本来、胸につくべきだった脂肪も、栄養を摂取しなければつくことがありません。
思い切って彼氏といっしょに、食べ放題やカロリーが高い料理が出るお店に行ってみるのもいいかもしれません。
ただし、健康的に太るというのはなかなか難しいことです。すぐには効果が出ないと思って、長期戦を覚悟しましょう。

 

一人でもできる女性ホルモンアップ法とは?

女性ホルモンは、彼がいなくても一人で増やすことができます。
例えば、下記のような女性ホルモンアップ法があります。

  • 妄想をする

女性ホルモンは、適度な緊張感で活発になるといわれています。では、どうすれば良い緊張感が得られるのでしょうか。

おすすめは 妄想 です。

妄想ストーリーを考えてドキドキすれば、脳の老化を防ぐこともできます。
恋愛漫画を読んだり、エッチな妄想や想像をしたりするだけで、女性ホルモンを活発にすることができます。
恋愛ストーリーの主人公を自分に重ね合わせるのも効果ありです。

 

  • 好きな芸能人を見つける

好きな男性芸能人の一人や二人、いますよね?そんな芸能人との疑似恋愛を楽しみましょう。
映像を見てときめくと、ドーパミンが出て幸福感を感じられて、さらにその影響でエストロゲンが分泌。誰かにときめきを感じ、ドキドキすることが何より大切です。

 

  • 1人エッチをする

女性の1人エッチというと、どこか後ろめたい印象がありますよね。
でも、女性が1人エッチをすることは、まったく恥ずかしいことではなく、珍しいことでもありません。

気持ち良くなることは、ストレス解消や欲求不満解消にもつながります。
女性だってムラムラすることがありますよね。1人エッチでホルモンバランスは格段に良くなります。
さらに、生理が安定し、肌もきれいになりますので、メリットがたくさんあります。

 

効果が出ない場合は

胸を大きくする方法をいろいろ試しても効果が出ないときは、思い切って人工的にバストアップをしてみるのも1つの考えです。

自然のバストアップと比べると、すぐに効果が出ますし、形も美しくなります。最近は気軽に試せる「プチ豊胸」も登場しています。

最近、脚光を浴びているプチ豊胸とは、自分自身の血液を採り、遠心分離器にかけて血小板成分を取り出し、ジェル状の成分「プラズマジェル」へと変化させ、胸に注入してバストアップする手法です。メリットは明確。安全ということです。自分の血液から作られたジェルですから、拒絶反応のリスクはほとんどありません。

これとは別に、ヒアルロン酸を注射する手法もプチ豊胸と呼ばれています。ヒアルロン酸注射はかつて高額でしたが、最近になって10万円を切るクリニックも出てくるなど、手軽になってきています。以前より費用の壁が低くなったこともあり、プラズマジェルよりも持続時間の長いヒアルロン酸に人気が集まっています。

胸を元に戻すこともできますので、胸の大きさに悩んでいる場合は一度チャレンジしてみてもいいかもしれません。