豊胸手術について知りたいとき

カード払い・ローン・分割はできる?豊胸手術の費用・値段・価格を解説

豊胸手術って高そうなイメージがあるけれど、どれくらいかかるの?
そんな疑問を持つ人も多いですよね。また、ローンや分割は利用できるのかといった点も気になるところでしょう。まずは、豊胸手術の費用の相場から見てみましょう。

まず、豊胸手術には保険が適用されません。理由は美容が目的であり、医療ではないからです。
そのため、クリニックによって費用は異なります。また、当然施術によって大きく異なります。
さっそく詳しく見ていきましょう。

 

豊胸バッグ挿入手術の費用相場

シリコンや生理食塩水などでできた豊胸バッグを胸に挿入するバストアップ方法は、「バッグプロテーゼ挿入」とも呼ばれます。
この施術の費用相場は25万~85万円。挿入する豊胸バッグの種類によって、数十万円単位で値段が異なります。

自然な見た目やナチュラルな触り心地の高品質な豊胸バッグだと、費用も高くなります。ただし、ヒアルロン酸注入法のように、注入量に比例して料金が高くなるという体系ではありません。

外科手術が必要となるため、費用が高額になると見られがちですが、むしろ1~2カップ程度のサイズアップであれば、ほかの施術よりも費用を低く抑えられるケースが多いといえるでしょう。

 

脂肪注入手術の費用相場

脂肪注入法豊胸は、「脂肪注入法」のほか、不純物を取り除いた脂肪を注入する「コンデンス法」、注入後の定着率が高い「脂肪幹細胞注入法」などがあります。

費用の相場は70~150万円と、注入する脂肪の純度や加工の度合い、脂肪の定着率によって大きく左右されます。
不純物が多いほうが安くなりますが、しこりや胸の痛みなどの後遺症や合併症が起こりやすくなります。費用だけで選ぶのはあまりに危険といえます。

現在、多くのクリニックでは単純な脂肪注入法から、コンデンス法や脂肪幹細胞注入法をすすめる傾向があるようです。

なお、費用は施術を受けるクリニックはもちろん、使用する機器によっても異なります。最新鋭の機器を使うと高額になりがちですので、カウンセリング時にしっかり確認しておくことが大切です。

 

ヒアルロン酸注入手術の費用相場

ヒアルロン酸豊胸の費用相場は、10ccあたり約3~4万円です。
体型によって変わりますが、だいたい片胸70~100ccで1カップ程度のバストアップが出来上がります。
つまり、両胸を1カップ大きくするためには、約42~80万円の費用がかかります。

ただし、注意が必要です。高品質のヒアルロン酸は単価が高いため、思わぬ高額が請求されることがあります。
一方、もしもクリニック側から安いヒアルロン酸注入の提案があった場合、品質の悪いヒアルロン酸を使用している危険性もあります。

各クリニックの料金表を見ると、1ccあたりの値が記載されているケースが多いですが、たいてい1本に10ccのヒアルロン酸が入っている注射器が使用されるので、10cc単位で費用がかかると考えて間違いはありません。

数ある豊胸術の中では最もリーズナブルといえますが、その分持続時間は約1~2年と短めです。

ただし、持続時間を長くするために、少量のヒアルロン酸を複数回に分けて注入したりする方法もありますので、カウンセリングの際に相談してみてはいかがでしょうか。

 

3つの施術の費用を見てきましたが、手術後に入院が必要となった場合、入院費用は30,000円くらいから、痛み止めなどの内服薬は数千円となります。
これに加えて、アフターケアの有無などでも費用は違ってきます。予算や希望に合わせて検討し、信頼できるクリニックを探しましょう。料金が不明瞭な場合は避けたほうがいいでしょう。

 

豊胸手術のローンや分割について

豊胸手術は、ローンや分割などは利用できるのでしょうか?
現金での一括払い以外のさまざまな支払い方法について見ていきましょう。

 

  • ローン

月々の分割で支払うのであれば、クレジットや医療ローンを扱っているクリニックは多くあります。
分割回数はクリニックによっても異なりますので、初めにクリニックに確認しておくといいでしょう。

 

  • クレジットカード

クレジットカードはクリニックによって扱っている会社が異なります。
Visa、JCB、MasterCard、American Expressといった代表的なものなら、どのクリニックでも扱っているでしょう。
また、利用の際にはカード会社に限度額を念のために確認しておくと、あとで慌てることもないでしょう。

 

  • 医療ローン

クリニックが提携している信販会社のローンを利用して支払うシステムが医療ローンです。
申し込みには運転免許証、パスポート、健康保険証といった身分証明書、あるいは金融機関発行のクレジットカードかキャッシュカードのいずれかと住民票が必要となります。
また、口座確認用に銀行の通帳と銀行の届出印が必要です。

医療ローンを利用する上での注意点としては、クリニックと提携しているローン会社により、金利もそれぞれ違ってくるということです。
そのため、利用目的が限定されていない銀行などのローンと、医療ローンを比較するといいでしょう。

 

このほか、デビットカードなど、現金以外でも支払う方法はあります。
それぞれの支払い方法を比較して、目的に合わせて選択するようにしましょう。

 

もしも現金一括以外の選択肢がなかったら

過去に金融機関で金融事故を起こしていたりして、どうしてもローンが組めず、現金を用意するほかない場合、ヒアルロン酸注入手術が最も安価となります。
その手軽さから「プチ豊胸」という言葉があるくらいです。

また、プチ豊胸といえば、別の施術を指すこともあります。
それは、自分自身の血液を採血し、遠心分離器にかけてジェル状の成分「プラズマジェル」へと変化させ、胸に注入してバストアップする方法です。これですと、みずからの血液から作られたジェルなので拒絶反応のリスクがほとんどなく、安全性の高い施術となります。

ただし、この分野ではめざましい技術革新が進んでいることも考慮しなければなりません。
ほんの数年前まではプラズマジェルによるプチ豊胸は安かったのですが、現在ヒアルロン酸の価格が安くなり、ほとんど価格差が出ないほどまでになりました。それでも、現時点で最も安い豊胸法はプラズマジェルによるプチ豊胸といえます。

継続時間がヒアルロン酸の1~3年に比べ、プラズマジェルは3ヵ月~1年と短いですが、「夏のあいだだけサイズアップしたい!」といった、期間限定の使い方を考えている人には十分といえます。

目指したいバスト、効果を期待する期間、そして費用。
熟慮を重ね、医師ともしっかり話し合った上で結論を下したいところですね。