豊胸手術について知りたいとき

マンモグラフィーは受診できない?豊胸手術後もできる乳がん検診を解説

豊胸手術と乳がんの関係

「豊胸手術を受けると、乳がんにかかりやすくなる」といううわさを耳にしたことはありませんか。

おそらく、乳房にメスを入れたり異物を挿入したりすることからそういう不安を感じた人がうわさを広めたのでしょう。しかし、豊胸手術と乳がんの間には科学的な関係は認められていません。もしも認められていたら豊胸手術はとっくに禁止されているはずでしょう。

乳がんの原因は、完全に解明されているわけではありませんが、ほかのがんと同じく遺伝子によって発生すると考えられ、性ホルモンが大きく関係することがわかっています。つまり、ヒアルロン酸注入や脂肪注入、シリコンバッグ挿入などの一般的な豊胸手術が乳がんの原因になるとは考えにくいのです。

また、近年日本で乳がんが増えた理由としては、食生活が欧米化したことや出産年齢が上昇したことなどがあげられています。

マンモグラフィー検診について

乳がんは早期発見すればごく安全に治療できる疾病です。このため、定期的な乳がん検診を受けることが推奨されています。

この乳がん検診によく用いられるのがマンモグラフィーです。マンモグラフィーとは乳房専用のX線撮影のことです。豊胸手術をした人が受ける場合に問題となるのは検査方法です。

マンモグラフィーは、2つの大きな板で乳房を押しつぶすようにはさみ込み、X線撮影を行います。それほど痛みをともなう検査ではないのですが、乳房がある程度平らになるくらいの圧力がかけられるため、挿入したシリコンバッグなどが乳房の中で破裂してしまう可能性があります。また、検査結果もおかしくなってしまうことが考えられます。

ヒアルロン酸注入や脂肪注入などでは、術後ある程度時間が経過すればこのような心配はありませんが、豊胸手術を受ける際は、念のため、医師に「今後の乳がん検診はどのように受けたらよいか」を確認しておきましょう。

ほかにもある乳がん検診人法

乳がん検診には、マンモグラフィーのほかに超音波検査(エコー)、医師による視触診といった人法もあります。マンモグラフィーは微量とはいえX線(放射線)に被曝しますから、妊娠中の人や若年の人はマンモグラフィーを避けて超音波検査、視触診検査だけで乳がん検診を行うことも珍しくありません。

こちらの検診であれば、シリコンバッグ挿入タイプの豊胸手術を受けた人でも、安心して乳がん検診を受けることができます。検査の際に、豊胸手術を受けた人はそのことを検査技師や医師に申告すれば、安全で適正な検診を受けることができるでしょう。