豊胸手術について知りたいとき

豊乳・豊胸手術の種類とは?シリコンバッグ挿入法・幹細胞豊胸・注入系

シリコンバッグ挿入法

体の一部にメスを入れて、シリコン製のバッグ(人工乳腺)を胸に入れる方法です。メスを入れる場所は、現在では目立ちにくいわきが一般的です。以前は耐久性や形状の変化、さわり心地などに問題がありましたが、現在はインプラントの制作技術が進歩し、見た目も触感も自然に近くなっています。同じシリコンでもメーカーによって微妙に異なります。値段はもちろん、形状や耐久性なども違ってくるので、インターネットの口コミなどを参考にして、比較検討してみるとよいでしょう。

・内視鏡下手術
内視鏡を使って痛みや腫れを最小限におさえる手術です。体の負担が軽くなるのはもちろん、術後の回復も早くなるといわれています。

・ハイブリッド
体型によっては、シリコン製のバッグを埋め込むと不自然に見えてしまうケースがあります。シリコンバッグの挿入と同時に、幹細胞豊胸または注入系豊胸を行うことで形状を整えるのがハイブリッドです。より自然で美しい胸を目指したい女性におすすめの手術です。

幹細胞豊胸

おなかやお尻から吸引した脂肪を胸に移植する手術で、バストアップと同時にスリムアップできるのが魅力です。自分の脂肪なので拒否反応が起こりにくいといわれています。

・ピュアグラフト
脂肪を取ってからそのまま移植をしてしまうと、しこりの原因になってしまったり、石灰化や脂肪壊死が起こる可能性があります。これらの原因となる不純物を取り除いて、安全な脂肪を注入するのがピュアグラフトという手術です。従来の幹細胞豊胸と比べて安全性が高く、また定着率も高いといわれています。

・コンデンスリッチファット
コンデンスリッチファットとは脂肪から老化細胞・血液・麻酔薬などの不純物を徹底的に除去して、濃縮(コンデンス)した脂肪細胞と幹細胞を胸に注入する方法です。ピュアグラフトよりも定着率が高いといわれています。

注入系豊胸

注入系の豊胸は、ヒアルロン酸という物質を胸に注入する豊乳手術です。ヒアルロン酸は人体の皮膚や関節などに存在します。化粧品やサプリメントに入っているため、耳したことがある人も多いでしょう。もともと体の中にあるものなので拒否反応を起こしにくいといわれており、注射をするだけで手術が終わることから「プチ豊胸」とも呼ばれています。

・ヒアルロン酸(ソフト)
粒子が小さいヒアルロン酸を注入する手術です。一般的なバスト用ヒアルロン酸と比べて触感が柔らかく、あおむけになったときも自然な感じで形状が変化します。

・エコー下注入法
人によって胸の形状が違うように、ヒアルロン酸の注入に適した層の位置は人ごとで微妙に異なります。エコー下注入法とはエコーを用いて、ヒアルロン酸をその人の理想的な場所に注入する手術です。