「スタイルを良くしたい!」と思ったとき

下腹ポッコリにさよならできる?胃下垂の治し方を徹底解説

わかる人にはよくわかる、胃下垂のつらさ

食後が苦しい・便秘がち・下腹がポッコリ・胃がもたれる。胃下垂の症状は結構つらい割に、経験のない人にはなかなか共感を得られにくいようで、対処法がわからずお悩みの方も多いのではないでしょうか。
また、胃下垂の人には痩せている人が多く「食べても太らない」というイメージもあり、「胃下垂なら太らないからいいじゃない」なんて言われてしまうこともあるようです。食事が終わった後にお腹がポッコリと出て恥ずかしく、食べ過ぎると調子が悪く苦しくなってしまう胃下垂。

この胃下垂を治したり、つらい症状を緩和したりするには、日頃どのようなことに気をつけたらよいのでしょうか。胃下垂になってしまう原因はあるのでしょうか。また、予防するにはどうしたらよいのでしょうか。
胃下垂について徹底解説したいと思います。

胃下垂のしくみと下腹ポッコリになる原因

胃下垂とは、その名の通り胃が通常の位置よりも下に、腸にかかるくらいまで垂れ下がってしまっている状態のことをいいます。通常はみぞおちの辺りに胃があるのですが、胃下垂の人はおへそのあたりまで胃の下部が下がっています。
正常な位置に胃がある人は、満腹になると上腹部が膨れてくるのですが、胃下垂の人は食物が溜まる場所が正常な位置より低いため、食事を終えるとみぞおちよりもずっと下の、下腹部のあたりがポッコリと出てしまいます。

胃下垂は特に症状もなく、元気で過ごせるなら病気ではありませんが、胃が正常に機能しなくなる可能性が高く、膨満感やゲップ、食欲不振や胃もたれといった症状を伴うことが多いようです。胃が垂れているので消化活動が充分に行われず胃酸過多になったり、消化が不十分な食物が腸へ流れるため栄養状態が悪くなったりします。
胃下垂の人が食べても太らないといわれる理由がこのためですが、栄養状態が悪いのは考えものです。

また、胃が腸を圧迫して腸の働きも鈍くなり、便秘がちになるのも胃下垂によくある症状です。

胃下垂の改善には、下腹を鍛えて心配機能を高めよう

このように、なかなかつらい胃下垂の症状を緩和には、下記のような方法があります。

1.暴飲暴食を控え、少量を細かく分けて食べる
働きが弱まっている胃に食べ物がたくさん入ると、重みでますます胃が下がってしまいます。消化のよいものを何度かに分けて、少しずつ食べるようにしましょう。

2.ストレスを解消し、疲れを溜めないようにする
強いストレスや慢性疲労によっても胃のはたらきは弱まり、食物の滞留が起こる原因になります。しっかりと休息を取り、スポーツなどでストレスを解消することが大切でしょう。

3.下腹の筋肉を鍛え、心肺機能を強化する
スポーツ選手は胃下垂が少ないことで知られています。筋肉は内蔵を正しい位置に保持する役割があり、特に下腹の筋肉を鍛えることが胃を押し上げるのに役立ちます。水泳などで心肺機能を高めると、呼吸の際の肋骨と横隔膜の動きが胃を上に引っ張り、正常な位置へと導いてくれます。

たかが胃下垂とあなどっていると症状がひどくなり、胃アトニーと呼ばれる状態になってしまうおそれがあります。少しでも胃下垂の症状を感じたら、まずは病院で診察を受け、医師と相談しながら、紹介した方法を日々の生活に取り入れるのがおすすめです。