胸のことで悩みがあったとき

「胸がコンプレックス…」貧乳・巨乳の悩みを解決する方法って何があるの?!

小さな胸のコンプレックス

「あの人、今私の胸を見てた」。こんなことを大きな胸の人が言うたびに、小さい胸の人は傷ついています。中には「胸を見られない自分は、女性として劣っているのかも」と一人で悩んでいる人も多いようです。しかし、男性は全員が「大きな胸=魅力的な女性」と考えているわけではありません。背の高い人がいたらつい見てしまうように、何となく視線が向いてしまうこともあるからです。

胸が小さいことを理由に、恋愛に臆病になってしまう人も少なくないようです。「胸が小さいから嫌われるかもしれない」「胸が小さいからガッカリされてしまうかも」と、悩むのはやめましょう。恋愛で最も大切なのは相手を思いやる心です。胸のサイズはきっかけになるかもしれませんが、アプローチする方法はいくらでもあります。

大きな胸のコンプレックス

小さい胸のコンプレックスもあれば、大きい胸のコンプレックスもあります。「ちょっと触らせて」「贅沢な悩みね」「いいよね、胸の大きい子は」と同性から嫉妬されることもありますし、異性からは性的な目でじろじろと見られたり、セクハラまがいのことをされることもあります。大きな胸を武器として活用できる人もいれば、本当にストレスでしかない人もいるのです。

「胸が好きなだけで、本当に自分を愛してくれているのかな」と恋に臆病になってしまったり、視線が怖くて海や温泉に行けなくなってしまったり、かわいい服や下着が見つからないことで、おしゃれができないなど、大きな胸の人には大きな胸なりの悩みがあるのです。胸を目立たなくする方法は、フリル付きの服や、ゆったりとした服を着ることが一般的です。一方で、ダイエットをすることで胸のボリュームを減らそうとする人もいるようです。

手術も1つの方法

年齢を重ねるにつれて胸との付き合い方が分かり、それを武器にできる人もいます。でも、すべての人がそのようなふるまいができるほど強くなれるわけではありません。どうしても克服できないときは、手術をするのも1つの手です。

最近では「プチ豊胸」や「プチ脂肪吸引」といった手術も登場しており、以前と比べてずっと受けやすくなっています。こうした手術でバストのサイズを調整できたことで気分が晴れて、笑顔になれれば、女性としての魅力もアップするでしょう。胸の手術はボリュームを増やしたり減らしたりするだけではなく、コンプレックスを取り除く手術ともいえそうです。