豊胸手術について知りたいとき

豊胸手術後の不自然なバスト「リップリング」の原因と対策を解説

「リップリング」の原因とは?

豊胸バッグ挿入によって、バストの一部が波打ってバッグの形が表面化してしまったり、とがって見えたりする状態を「リップリング」といいます。また、一見自然に見えても、触るとボコボコとした感触があり、豊胸バックの先端に触れることができる状態なども指します。そのほか、加齢などで体型が変わり、バッグがよれてリップリングの症状が出ることも。この「リップリング」は豊胸バッグ挿入によるプロテーゼ法の豊胸術ならではの症状で、脂肪注入やヒアルロン酸注入による豊胸では起きません。

では、なぜこのような「リップリング」が起きることがあるのでしょう?バストサイズが小さい場合や、やせ型でバストの脂肪量が少ない場合、シリコンを挿入する空間が非常に狭く、バッグの端の部分が折れ曲がりやすいので、リップリングが起きる可能性が高いとされます。また、生理食塩水バッグや乳房で動きやすいスムースタイプのバッグを挿入している場合は、時間の経過とともにバッグがよれるケースもあります。

「リップリング」の対策と予防法は?

・対策について
リップリングをそのままにしておくと、折れ曲がった豊胸バッグが皮ふを圧迫し、負担がかかってしまします。また、リップリングが自然に改善するということはありません。改善するには豊胸バッグの入れ替えか除去が必要です。除去した後は、カップリングが起こらない脂肪注入法に切り替えるといった方法がとられます。抜去後はシリコンバッグによって筋肉や乳腺が圧迫され、委縮しています。そのため、抜去だけでは豊胸手術を行う前よりも小さくなってしまうことが多くあるため、抜去後は自分の脂肪を使った脂肪注入法などでボリュームを補うがよいでしょう。

・予防方法
プロテーゼ法での豊胸手術の前に挿入するバッグの種類や、挿入箇所、サイズなどについて医師と十分に話し合うことが大切です。体型に合ったサイズを選ぶことが重要ですので、無理に大幅なサイズアップをしない方がよいでしょう。生理用食塩水を使用したバッグはリップリングを起こしやすいと言われています。やせ型の人がサイズアップを希望する際は、大胸筋下など目立ちにくい箇所を選ぶなどの工夫が必要です。

このように、リップリングを避けるためにも、サイズやバッグの種類にについて医師と十分に話し合うことが予防への一歩となります。そのためにも、リサーチや情報収集を入念に行い、しっかりとカウンセリングやアフターフォローを行ってくれるクリニックや医師を選びましょう。