「スタイルを良くしたい!」と思ったとき

ダイエットで除去できる?女性の敵「セルライト」解消法

ある日突然気がつくセルライトは女性の宿敵

「最近太ってきたかな?」なんて気にしながら、ある日ふと何気なく鏡に映った自分の太ももやお尻に目をやると、たっぷりとついた脂肪が何だかボコボコしている。そんな風にして気がついてしまうのがセルライトです。普段あまりチェックしない後ろ姿のお尻や太ももにセルライトができているのを発見すると、とてもショックですよね。見た目にはわからなくても、脂肪がついた部分を手でつかむとボコボコと皮膚が変形するなら、セルライトがついている証拠です。

このセルライトとはどのようなもので、どういったことが原因でできてしまうのでしょうか。一度ついてしまったセルライトを除去したり、解消したりする方法はあるのでしょうか。普通にダイエットをすれば消えてくれるのか、特別なことをしないと解消しないのか、見えないセルライトなら放っておいても大丈夫なのかなど、セルライトについて詳しく紹介していきます。

痩せている人にもある?セルライトができるメカニズム

セルライトとは、毛細血管の周りについている皮下脂肪が長期間燃やされずに滞留することにより、老廃物を取り込んで変形してしまうことで起こります。これは通常皮下脂肪が空腹や飢餓状態から体を守るために蓄えられるもので、適度な食事や運動により体内に溶け出して消費されるはずなのにいつまでも使われない状態であることと、運動不足や加齢によって代謝が低下し、血液やリンパ液中に老廃物が溜まってしまうことにより起こります。

皮下脂肪や老廃物は誰の体内にも存在するため、皮下脂肪が長く使われない状態であることと、老廃物が滞りやすいという条件が揃えば、見た目に太っていない人や痩せている人でもセルライトができる可能性があります。老廃物を取り込んで肥大した皮下脂肪は周囲の血管や細胞を圧迫して傷つけるため、その傷を修復しようとして脂肪が厚くなり、セルライトはどんどん肥大していきます。

セルライトを解消する方法はダイエット・運動・マッサージ

できてしまったセルライトは、何も対策をせずに放っておくとどんどん肥大して、皮膚の上からでもわかるほどボコボコと変形してしまいます。見た目にも美しくないばかりか、肥大した皮下脂肪が周囲の血管や細胞を圧迫するためますます代謝が悪くなり、老廃物が滞留してまた脂肪に取り込まれと、悪循環が続いてしまいます。

セルライトを除去する方法としては、まず脂肪の代謝を促すために糖分や脂肪分の多い食事を控え、代謝を高めるためにウォーキングなどの有酸素運動を行い、じっくりと体を温める半身浴やマッサージを行うことで徐々に解消してきます。短期間で解消したい場合はエステサロンなどでプロの施術を受ける方法もありますが、通うのをやめると元に戻ってしまうので、日々の生活を改めることが大切です。

運動をすることでついた筋肉も代謝を高めたり体温を上げたりする手助けをしてくれますし、脂肪や糖分を控えれば血液中に脂肪や老廃物が溜まりにくくなり、代謝が高まっている時にマッサージを行うとより効果的です。どれか1つではなく、この3つをすべて無理なく行うことで相乗効果を狙って、セルライトをきれいに解消しましょう。

参考URL:
http://yasekore-diet.jp/thigh-cellulite
http://mery.jp/42693
http://mery.jp/104245
http://matome.naver.jp/odai/2136798880612726301
http://www.beauty-log.com/archives/941
http://mdpr.jp/diet/detail/1487337
http://www.asken.jp/info/1544