脂肪吸引手術を考えているとき

脂肪吸引で理想的なくびれは作れるの?憧れのウエストを手に入れる方法まとめ

ダイエットしてもくびれができるとは限らない

女性なら誰もが憧れるキュッとくびれたウエストですが、ダイエットや減量に成功したからといって、理想的なくびれが手に入るわけではありません。痩せ型の人や、もともと細い人でもずん胴な体型に悩む人はいます。逆に脂肪が多めでもメリハリのある体つきやくびれたウエストを持つ人もいます。

通常のダイエットで部分痩せは難しいといいますが、脂肪吸引ではどうなのでしょうか。脂肪吸引というと、上腹部やぽっこりと出た下腹など、腹部の前面に対して行うイメージですが、横の部分であるウエストに理想的なくびれを作ることはできるのでしょうか。

くびれたウエストの黄金比率は10:7

アメリカのテキサス大学の研究によると、理想的なくびれのバランスはヒップとウエストのバランスが10:7であるこという結果があります。

「ウエストが細ければ細いほどよい」というものでもなく、ウエストとヒップの間にくびれがあれば、少しくらいサイズが大きくても男性には魅力的に見えるということかもしれません。逆にいえば、「ヒップが100cmでもウエストが70cmなら見た目にくびれている」という印象を持ってもらえるわけです。

このようなボディメイクは、実は減量やダイエットよりも脂肪吸引に向いています。よく「脂肪吸引する前にダイエットしなよ」といわれますが、「くびれを作りたいならダイエットの前に脂肪吸引」は有効な手段なのです。

脂肪吸引は落ちにくい皮下脂肪を落とすのでくびれ作りに向いている

脂肪吸引は下腹部などの前に出ている脂肪はもちろん、ウエストのくびれに関わる横についた脂肪を吸引することもできます。もちろん通常の運動や筋トレでくびれを作ることもできますが、体内の脂肪で最初に使われるのは肝脂肪、その次に内蔵脂肪が使われ、ウエストのくびれに関わる皮下脂肪が燃焼されるのは最後です。
脂肪吸引はダイエットで最後まで残ってしまう、この皮下脂肪をダイレクトに除去する手術です。

脂肪はフワフワとしていて軽いため、脂肪吸引で大幅に体重が減る事はありませんが、筋肉のラインに合わせて効果的に脂肪吸引を行えば、少しの吸引でくびれを作ることができます。「ミケランジェロ」や「4Dスカルプ」といった、腹筋のラインに合わせて細かいデザインをして、広範囲に少しずつ吸引する方法が効果的です。吸引時には「ベイザー波」と呼ばれる超音波を使った施術がダメージも少なく、効果的に脂肪を除去できるとして多くのクリニックに導入されています。

ウエストの脂肪吸引は他の部位に比べて治療時間が短い

ウエストに限らず、太ももやヒップ、二の腕などの脂肪吸引術も広く行われていますが、脂肪吸引する部位の中でも、ウエストは比較的にダウンタイム(施術を受けてから通常の状態に戻るまでの時間)が短い部分といわれています。気になる部分の皮下脂肪をほぼ吸引できるため満足度が高いのも特徴です。

人間の体は立体的なので、どの角度から見ても理想的なくびれを作るためには、ウエストの脂肪だけでなく周辺のお腹周りもバランスよく吸引する必要があります。

脂肪吸引を考えるなら悩む前に相談をして、自分が納得できる説明や希望する施術が行える信頼できるクリニックを選ぶことをおすすめします。

参考URL:
http://www.liposuction-treat.com/parts/waist.html
http://www.skincare-univ.com/article/009584/
http://www.skincare-univ.com/article/009581/
http://www.skincare-univ.com/daily/column/009861/
http://www.excite.co.jp/News/woman_clm/20150824/Skincare_4287.html
http://www.liposuction-sos.com/record/no17/
http://www.biranger.jp/archives/162222
http://www.global-pv.com/waist_heikin21.html