脂肪吸引手術を考えているとき

脂肪吸引後の仕事復帰や運動はいつからOK?脂肪吸引手術後についてまとめてみた

脂肪吸引をしたいけど、仕事や運動にブランクが空いてしまうのは避けたい…

普段仕事が忙しい人やジムに通っている人が気になるのが、脂肪吸引後の日常生活面です。術後にすみやかに仕事に戻りたい人や運動の習慣を続けたい人にとって、脂肪吸引によってブランクが空いてしまうのは不安に思うことでしょう。今回は脂肪吸引後の日常生活で、どのくらいの期間をおけば仕事復帰や運動ができるかを紹介します。

手術当日から抜糸までの1週間

脂肪吸引は施術後にその日のうちに帰宅をすることができます。短距離の歩行や、家事、事務仕事など負担が重くないことであれば、施術した日からすることができます。ただし、それ以上に激しい運動や仕事をしてしまうと、吸引した部位への負担が大きくなってしまいます。特に激しい運動は体の血行を良くし、吸引した部位の腫れや痛みを強くしてしまう可能性があります。吸引した傷口が開いてしまったり、内出血をしてしまったりする恐れもあるほどです。

無理をして激しい運動をしてしまうと、それだけ症状が悪化してしまい、結果的にダウンタイムが長引くことにつながってしまいます。そのため、少なくとも術後1週間は安静にすることを心がけましょう。仕事復帰に関しては、翌日から復帰する人も多くいます。ただし、術後1週間は包帯などでの圧迫が必要であり、多少の痛みも伴います。痛みが苦手な人や体が弱い人は2、3日休養をとってみてもよいでしょう。

手術当日〜2週間ほど
手術当日から2週間の期間を急性期と呼びます。あまり激しい運動はしないようにしましょう。ただし1週間が経ち抜糸を済ました後は徐々に軽い運動から始めてみてもかまいません。突然激しい運動(水泳やエアロビクスなど)をすることは体の負担を大きくしてしまいます。軽いウォーキングや筋力トレーニング程度から始めてみましょう。吸引した部位以外のエクササイズなどもおすすめです。

手術から2週間後〜1か月
手術から2週間も経つと、痛みや腫れはほとんど落ち着いています。この頃には吸引した部位のエクササイズなども始めることができます。ただし痛みや腫れには個人差があり、運動をして痛みや腫れを感じる場合は無理をしないことが大切です。自分の体と相談しつつ、徐々に軽い運動から始めていくことが大切です。

手術から1か月経過
手術から1か月が経過した頃には、痛みや腫れはほとんどありません。脂肪吸引前と同様の運動をして大丈夫な段階です。それまでは控えていた激しい運動や筋力トレーニングなども存分に楽しむことができます。

目安は、仕事復帰なら術後翌日〜3日目、運動なら術後2週間〜1か月後

脂肪吸引後は包帯での圧迫や多少の腫れ、痛みなどもあるため、普段通りの仕事や激しい運動をすぐに始めるのは避けた方がよいでしょう。ただし、仕事復帰であれば術後翌日から可能です。自分の体と相談しながら決して無理はせずに始めましょう。
運動も術後2週間頃から軽いものは始めることができます。1ヶ月後には今まで通りの激しい運動もすることができます。

脂肪吸引後の経過や仕事と運動の再開目安などについて紹介しました。長くとも1か月後には今まで通りの生活に戻ることのできる脂肪吸引。「脂肪吸引はしたいけど生活に支障が出るのはちょっと…」とお悩みの人はぜひ参考にしてみてください。