脂肪吸引手術を考えているとき

部位別で解説!脂肪吸引手術(顔編:頬・顎・目)

顔の脂肪吸引で痩せにくいフェイスラインをシャープに

体はスリムなのに顔だけがぽっちゃりしている、頬にたっぷりついたお肉が取れない、ダイエットをしても顎のラインがシャープにならない。
それほど太ってはいないのに、顔の印象だけで太って見えてしまう人がいます。また、顎のラインがたるんでいたり、二重あごになっていたりすると年齢よりも老けてみられがちです。顔の脂肪はダイエットしても取れにくいため、ほかの場所が痩せていくと顔が大きく見えてしまったりします。顔のラインはその人の第一印象が決めてしまうだけに、体に気を使っているのに顔のラインのせいで老けてみえたり、太ってみられたりするのは避けたいものです。

そんな人は顔の脂肪吸引で、フェイスラインの余分な脂肪を除去することで小顔にしたり、顎のラインをシャープな印象にしたりすることが可能です。顔の脂肪吸引はお腹やお尻のような場所の脂肪吸引に比べて施術方法は違うのか、どんな事に注意が必要か、どのくらい費用がかかるのか。詳しくみていきたいと思います。

顔の脂肪吸引:施術方法―他の部位に比べてダウンタイムが短いのが特徴

太ももやお腹に比べると、顔の脂肪吸引は全体的にスリムになればそれでよいというものではなく、頬のたるみや顎のライン、目の周りの脂肪が多いなど、悩みの数だけ施術プランがあるといってもよいでしょう。

挿入するカニューレも、体に使うよりもずっと細いものを使用するため縫合の必要がなく、耳の後ろあたりの目立たない場所を数ミリ程度切開して挿入します。施術時間も10~20分程度と短く済むものが多いようです。腫れもおおむね2~3日で収まり、内出血もほかの部位にくらべると少ないといいます。そして、気になる場合はコンシーラーなどで隠せば、術後3日目頃から外出も可能です。

カニューレを挿入して脂肪吸引する方法以外にも、顎や頬をシャープにする方法として、脂肪の分解を促進する薬剤や脂肪溶解剤を注射する方法があります。目の周りのふくらみやまぶたの脂肪を取る場合には、まぶたの裏側から除去する方法があります。

顔の脂肪吸引:費用―全体的に小顔にするなら、目安は30万前後

顔の脂肪吸引にかかる費用は、施術方法にもよりますが、両側の頬・頬骨の上、顎の下、目の周りなど、部位別にそれぞれで約10万円前後のようです。どの部分をどの程度吸引するのが一番美しく効果的かは、カウンセリングなどでバランスを見て決めていきます。並行して吸引した脂肪をほうれい線に注入したり、リフトアップや二重形成など、ほかの施術と組み合わせたりすることもありますが、脂肪吸引にかかる費用については30万程度をみておくことをおすすめします。

顔の脂肪吸引は、施術後の圧迫やマッサージなど、アフターケアが重要な部位です。どの部分をどの程度吸引するか、どのような方法で脂肪を除去するかによってもダウンタイムは変化しますし、施術の手順やケアの方法なども変わってきます。カウンセリングを受ける際に、施術の手順や施術後の流れをしっかり確認し、納得して施術に臨むことが大切です。値段の安さばかりに気をとられず、最新機器を使用しているか、実績があるか、アフターケアが万全かといった視点でクリニックを選ぶようにしましょう。

就活や婚活、結婚式や記念写真など、人生の大事な時期にはすっきりとした顔でよい印象を与えたり、よい思い出として残したりしたいものです。小顔になるだけで、体全体のバランスが美しくなる場合もあります。顔の脂肪吸引は、意外とほかの体の部位よりも手術に伴うリスクが軽く、第一印象もがらりと変わるので、施術次第では全体をすっきり見せることも可能な施術といえるかもしれません。