脂肪吸引手術を考えているとき

どの部位ならできるの?脂肪吸引のできる場所と特徴をまとめてみた

脂肪吸引ができる場所は?

通常のダイエットでは難しい「部分痩せ」。余分な脂肪を吸引する「脂肪吸引手術」ならば目的のプロポーションに近づくことができます。しかし、いくら便利な脂肪吸引といっても、どんな脂肪でも吸引できるわけではありません。脂肪吸引で最も重要なのはバランスを保つことです。吸引しすぎてしまい、体のバランスが崩れてしまっては本末転倒です。

一般的な美容外科では美しさを保つためにも、脂肪吸引できる場所がある程度決まっています。大きく分けると「顔」「二の腕」「おなか」「お尻」「背中」「足」があります。そして、吸引する部分ごとで手術の目的や特徴が変わってきます。

脂肪ならば理論上はどの場所でも吸引することはできますが、吸引による変化や、量、手術による傷などさまざまな点を考慮することが大切です。それぞれの部分における手術の特徴について詳しくご紹介しましょう。

脂肪吸引する場所と特徴

・「顔」の脂肪吸引
顔は最も脂肪を落としにくいパーツといってもいいでしょう。通常の食事制限やダイエットではなかなか燃焼できないため、体はスッキリしても顔はムッチリしたままというケースも少なくありません。顔には表情をつくる顔面神経や頬のバランスなどさまざまな問題があるので、人によっては手術ができない可能性もあります。理想のラインをつくるためにも、カウンセリングの際に医師とよく相談しましょう。

・「二の腕」の脂肪吸引
二の腕の脂肪が減るとスマートに見えることから、脂肪吸引では人気のパーツのひとつです。露出する機会が多いので腫れや痛みが気になるという人が多いのですが、周囲から分からないように手術するため、ほとんど気づかれることはありません。痛みも軽い筋肉痛ぐらいなので、デスクワークならば翌日から仕事をすることができます。

・「おなか」の脂肪吸引
おなかは脂肪吸引で一番人気がある場所です。脂肪の量によっては大がかりな手術になることがあり、手術時間も比較的長くかかります。

・「お尻」の脂肪吸引
おなかと同様に非常に人気がある場所です。余分な脂肪を吸引することでアンチエイジング効果も望めます。バランスを考えて、太ももと併用して受ける人が多いようです。

・「背中」の脂肪吸引
背中の脂肪が多いと老けた印象を受けます。美容目的はもちろんアンチエイジングで受ける人も多い手術です。脂肪吸引は浅い層で行われるので、美しく見せるためには高い技術が求められます。手術にかかる時間も比較的長くなります。

・「足」の脂肪吸引
二の腕と同じく露出する機会が多い足。美しく見せるためにも信頼できる病院で手術したいところです。施術から日常生活に戻るまでの、いわゆる「ダウンタイム」が長くなることがあります。カウンセリングの際には医師とよく話し合いましょう。

まずはカウンセリングを

脂肪は人体にとって必要なものであり、必要以上に吸引することはできません。脂肪吸引手術を受けたいと思っても医学的見地からみると難しいこともあります。

脂肪を吸引したいと思ったら、まずは医師と相談しましょう。ほとんどの美容クリニックは無料でカウンセリングを行っています。手術の可否を聞けるだけではなく、手術にまつわるさまざまな質問をすることもできます。理想のプロポーションを実現するためにも医師とよく話し合うのがベストです。