脂肪吸引手術を考えているとき

二の腕は「切らない」!部位・部分によって使い分ける脂肪吸引

「切る」「切らない」の違いは?

脂肪吸引とは、皮下脂肪を何らかの人法(脂肪溶解レーザーや超音波の照射など)によって脂肪を溶かす痩身術です。「脂肪吸引」という施術名は、昔、脂肪細胞をそのまま吸引管で吸引する術式があったことから現代でもそう呼ばれています。

しかし、今日ではほとんどの施術で脂肪細胞を破壊してから液状の脂肪を吸引することで安全性の向上や痛みの軽減を実現しています。また、溶かした脂肪を血液やリンパ液に吸収させ、尿として体外に排出してしまう「脂肪溶解注射」なども広い意味で脂肪吸引の一種と考えることができるでしょう。

こうした方式ではそもそも吸引を行わないため体内に吸引管を挿入する必要がなく、注射針の穴を除けば、ほとんど皮膚を傷つけることがありません。

ただ、脂肪吸引では脂肪細胞に直接レーザーや超音波をあてる必要上、皮膚の下に小型の照射装置を挿入する必要があります。この際、皮膚にわずかな切れ目を入れる必要があります。「切る」といってもほんの数ミリなのですが、それでも顔などの目立つ部分に傷をつけたくはないと思う人は少なくありません。このため、あくまでも「切らない」施術にこだわる人もいます。

顔・二の腕などは「切らないタイプ」がおすすめ

顔・二の腕など、人目につきやすい部分にはわずかな傷も残したくないもという人は多いでしょう。脂肪吸引では「切るタイプ」でも傷はごく小さく、また時間の経過につれて限りなく跡は目立たなくなっていきます。しかし、その間にも人目に触れることを考えるとやはり「切らないタイプ」のほうがよいでしょう。

「切らないタイプ」の具体的な施術法としては脂肪溶解注射、脂肪溶解レーザー照射などがあげられます。なお、これらの施術はピンポイントで部分的に少量の脂肪を分解できることから、「顔の輪郭を整えたい」などを目的とするデリケートな脂肪吸引に向いています。

「切る」と「切らない」の組み合わせも検討を

「切る派タイプ」の脂肪吸引は、腹部などの厚い皮下脂肪層から大量の脂肪を吸引してしまう場合に向いています。また背中や太ももなど、広い面積にわたってまんべんなく脂肪を吸引したい場合にもおすすめです。代表的な施術法としてはベイザー脂肪吸引などがあげられます。

ただし、太ももやひざ周り、お尻など「広い面積の脂肪を吸引して、なおかつポイント部分の形は美しく整えたい」というような場合は、「切るタイプ」と「切らないタイプ」を段階的に組み合わせた施術をすることで、より自分の理想イメージに近いボディラインが実現できるかもしれません。