脂肪吸引手術を考えているとき

脂肪吸引したいけどお金がない.. そんなときの方法「医療ローン」とは

まとまった資金がないけれど、脂肪吸引手術を受けたい、ローンについて知りたいという人は多いですね。
そんなとき、分割払いで支払いをする、医療機関専用の医療ローンという方法があります。
別名「メディカルローン」と呼ばれることもあります。ここでは、知っておくと役に立つ医療ローン制度を紹介します。

脂肪吸引手術で医療ローンを利用する

医療に関する費用を大きく分けると、保険適用診療と保険外治療があることはご存じかと思います。医療ローンは、医療費が高額になるケースを想定しているため、必然的に保険の適用がない自由治療が対象となります。

医療ローンは対象となる診療項目が幅広く、脂肪吸引手術などの美容整形も含めてさまざまな分野の医療で利用されている制度です。

医療ローンは利用目的が医療に限定されますが、通常の多目的ローンよりも低金利で長期のローンを組むことができるのが大きな特徴です。


医療機関によっては、クレジットカードの分割払いやリボ払いを利用できる場合がありますが、一般的には手数料や金利面において医療ローンのほうが有利となるケースが多いといえます。

基本的には治療を受けるクリニックと提携している信販会社などを利用します。そのため、医療機関を介しての契約となりますが、クリニック自体と契約しているわけではないので、そこは注意しましょう。

 

金利が有利なのは結局どちらなのか?

一般論を踏まえた上で、注意すべきなのは、信販会社などによって金利の差が大きい面もあり、銀行などが取り扱う多目的ローンのほうが金利面で有利な場合もあることです。

例えば、オリコやJACCSなど、いわゆる「信販系」の医療ローンの一般的な金利は15.0~18.0%です。銀行系カードローンは、低いと4%から、高くても20%は超えないところが多いようです。

銀行系カードローンは、使用用途が自由なので整形費用だけでなく、エステ費用などにも使えます。
低金利なイオン銀行のカードローンだと、たとえ本人に収入がなくても50万円までの申込みが可能です。銀行のカードローンなので低金利なだけでなく、安心してキャッシングすることができるのもポイントといえます。

いずにしても、利用する場合は事前に条件面をしっかり確認してから申し込むようにしましょう。

 

医療ローンの実際の利用の仕方

医療ローンを利用するにあたっては、30,000円以上の支払いで医療ローンの分割払いが可能となります。
希望の回数で分割し、その金額を毎月の定められた指定日に、自身の口座から自動で引き落とされるといったシステムです。分割は、一般的に3~36回まで利用可能です。

申し込みの際は、免許証や保険証などの身分証明証、銀行の通帳またはキャッシュカード、銀行の届出印が必要となります。

また、ローンを組む際に審査が必要となり、現在の仕事や収入によってはローンが組めない場合もあります。医療ローンは目的別ローンの一種であり、審査はそれほど甘いものではありません。
審査には数日かかり、結果が出るまでにある程度の日数を要するのが目的別ローンの特徴です。

審査基準は、下記のような項目が重要視されます。

 

  • 収入はきちんと安定しているのか
  • 返済能力はあるのか
  • 他社から借入していないか
  • これまでに金融事故を起こしていないか

 

きちんと返済できる能力がある人かどうかというのは、どんなローンを組む場合においても最重要項目です。
正社員としてしっかり働いていて勤続年数が長いことも信頼性を高めることになりますが、それよりも大事なことがあります。
それは、過去に返済の遅延を繰り返すといった金融事故を起こしていないかどうかの履歴です。思い当たるところがないか確認してみましょう。

学生の場合、審査前からあきらめる人も多いようですが、成人で一定の収入がアルバイトでもあれば、利用できるケースが多いようです。
ただし、学生や主婦の場合、ローン金額によっては配偶者や保護者に確認を取る場合もあり、クリニックによって対応が異なります。ローンは一人ひとりによって条件が異なり、各信販会社が可否の判断をすることになります。

 

医療ローン利用にあたっての注意点

便利な医療ローンですが、利用にあたっては注意点もあります。
中には、費用を現金一括で支払うことができるのに、ローンを組むようにすすめてくる悪質なクリニックもあります。分割では1回あたりの支払額が少ないため、得したように感じることもあるようです。

また、クリニックによっては独自のローンシステムを導入しているところもあり、一部では高額の利子をつけて利益を増やしているケースも見受けられます。そして、キャンペーンで安くなるはずの治療費が、他所よりも高額になってしまったということもあります。

そのため、現金で一括払いが可能であるのに、ローンをすすめてくるクリニックには注意が必要でしょう。

また、医療ローンを組むにあたり、金利の知識を身に付けておくと、比較もできて間違った選択を避けることにもつながります。
できる限り、利子が少ない支払い方法を選択するといいでしょう。そのためには、最終的な支払総額を確認する必要があります。

 

ローン地獄にはまらないようしっかり考えて

最後に、ローンの危険性についても触れておきます。
便利な医療ローンも身の丈を超えて利用すると、返済が苦しくなったり、ほかのカードローンと合わせて多重債務になったりと、ローン地獄の深みにはまることもあります。そんな女性たちには共通の特徴があります。

まず、収支を把握できていない人です。
毎月の給与がどれくらいあって、生活していくために必要な出費がどのくらいあるのかを、ちゃんと把握できているでしょうか。
ローン地獄にはまるほとんどの人が、それらを把握できていません。生活していく上で必要な食費や家賃、水道光熱費、通信費などを家計簿につけないまでも、しっかり把握することが大事です。

また、「自分へのご褒美」が口癖の人は要注意です。
がんばった自分へのご褒美が生活に潤いを与えてくれるのは確かです。しかし、「自分へのご褒美」と都合良く定義して、カードで買い物ばかりしていると、あっという間に多重債務に陥ります。

さらに、何事にもルーズな人も気を付けましょう。
友人と約束をしていても、時間通りに行かない。一方的にドタキャンする。物を失くしやすい。部屋が散らかっているなどなど、何事にもルーズな人や他人から「ルーズだね」と指摘されたことがある人は、その脂肪吸引は本当にローンをしてまで必要なことなのかと、じっくり考えることも大事です。
返済する自信がなかったら、いったん考えてみたほうが賢明です。

医療ローンの利用にあたっては知っておくべき点や注意すべき点もありますが、賢く利用すれば、脂肪吸引手術をする上での強い味方となることは確実です。最後に必要なのは、あなたの冷静な判断です。