脂肪吸引手術を考えているとき

脂肪吸引って本当に安全なの?脂肪吸引手術の歴史と最新技術の進歩まとめ

脂肪吸引の歴史とは?

現在では、美容を語る上で欠かせない、脂肪吸引。その歴史は、1921年にフランスの医師、フィッシャーにより行われたのが起源で、1977年にフランスのイルーズ医師により開発された、カニューレ吸引法が現在の主流となっているとされています。同吸引法は約2ミリから6ミリの皮ふのごく小さな切開口から皮下脂肪を吸引除去するという方法です。

さらに、イルーズ医師はウェットメソッドという方法を開発します。これは、数種類の液体をカニューレと呼ばれる吸引管の先から流しながら、出血量をおさえてより広く脂肪吸引を行う方法です。

その後、日本、ドイツ、アメリカなどの医師により、改良され、1980年代には取りムラをなくすために複数の部位の切開部より吸引を行う「クリスクロス法」が開発されます。

1990年代に入ると、脂肪層に大量の生理食塩水と止血剤入りの局所麻酔薬を吸引部へ施す「チューメセント法」、1992年には超音波を利用する「ウルトラソニック・リポザクション」を、イタリアの医師、ゾッチが開発します。これは超音波を利用して吸引前に脂肪細胞を破壊し、吸引効果を高めるものです。

このように脂肪吸引は数十年で技術上の目覚ましい進化を遂げ、今では安全性がある手術として広く普及しています。

現在の脂肪吸引とは

このように、より安全に確実に改良を重ね、開発されてきた、脂肪吸引。直径2~4ミリのカニューレという吸引管を使って、希望の箇所の脂肪細胞を吸引するという痩身法です。脂肪細胞を吸引し、排出させるために、リバウンドの恐れもほとんどありません。またピンポイントで気になる部分だけ痩せられるという利点もあります。

そのほか、傷口がミリ単位で非常に小さく、目立たないという長所もあります。脂肪吸引は以下のような方法で行われます。

1.脂肪細胞を止血効果のある麻酔薬で吸引しやすい状態にする
2.直径2~4ミリのカニューレという吸引管を脂肪層内に挿入する
3.カニューレを前後に動かし、脂肪をムラのないように吸い込みませる

以上のようなプロセスを繰り返し、脂肪を取り除きます。

実際の手術ではスキンガードプロテクターなどの保護用プロテクター、筋肉層へのダメージを防ぐボディジェットなど、研究を重ねた医療器具を使用するなどして、いっそう安全性を高めています。さらに、最新の方法では安全な超音波を利用した脂肪吸引もあります。

こうした脂肪吸引を受けるにあたっては、信頼できるクリニックや医師を選ぶことがポイントの1つです。実際に利用しようと思ったら、インターネットで検索したり、ネットの口コミなどを参考に技術のある医師や実績のあるクリニックを探して、十分なカウンセリングを受けましょう。