脂肪吸引手術を考えているとき

脂肪吸引って危険なの?健康・美容上のリスクや怖い点をまとめてみた

健康上のリスク

脂肪吸引とは、脂肪を減らしたい場所に「カニューレ」という特殊な管を挿入し、皮下脂肪を吸い取る手術です。吸い取った脂肪をそのまま豊胸手術に利用することも可能で、ダイエットと同時にバストアップもできます。さまざまなメリットがある手術ですが、体にメスを入れる必要上、身体的なリスクがつきまといます。

・脂肪塞栓症
「脂肪塞栓症」とは、脂肪細胞が血管の中に入り、血管が詰まってしまった状態のことです。軽度なら特に問題はありませんが、肺の血管が詰まってしまうと低酸素症、脳の血管が詰まってしまうと意識障害などに陥ります。最悪の場合、死亡する可能性もあります。海外では大規模な脂肪吸引をする場合、万が一に備えて入院することもありますが、日本では現在そのような処置を行うクリニックはほとんどないのが現状です。

・内臓損傷
生きた脂肪はある程度の硬さがあります。脂肪吸引ではカニューレという特殊な管を通して吸い出すわけですが、この管は、それなりの強度と太さがあるため、手術中に操作を誤ると臓器を損傷してしまう可能性があります。脂肪吸引では内臓損傷による死亡事故も発生しています。腹部周辺の脂肪吸引をするときは、特に注意が必要です。

・神経損傷
体への負担が大きい旧式の医療機器を使うことや、医師の技術力不足によって、神経を傷つけてしまう可能性があります。軽度の場合はビタミン剤などの服用によって改善します。しかし、重度の場合は長期化する恐れがあるので注意しましょう。

美容上のリスク

脂肪吸引は体型を整えるための手術ですが、術後まれに美容的な問題が発生することもあります。主なリスクをあげてみましょう。

・皮膚の凹凸
脂肪吸引後、皮膚表面上に凹凸ができる場合があります。原因は医師の技術不足で、脂肪の層などを考えず、雑に吸引を行うと起こりうる失敗の1つです。手術器具が最新式であっても、手術を担当する医師の腕が悪ければ発生します。修正が難しいため、そうならないためには注意が必要です。

・左右非対称
もともと人体は左右非対称ですが、あまりに左右差がある場合は美容的に問題があります。これは医師の技量・美的センスが不足しているときに起こるもので、医師を十分に吟味して選ぶことで回避できます。万一、左右差が生じた場合でも、調整をするだけならば再手術で比較的容易に解決します。

・脂肪の取り残し
医師が未熟な場合、脂肪の取り残しをする可能性があります。見た目が悪くなるのはもちろんのこと、脂肪細胞が残ってしまっているので、痩身効果も薄れてしまいます。医療機器に頼りきっている医師に多いミスといわれています。

リスクは減らせる

「健康上のリスク」と「美容上のリスク」の主なリスクについて解説しましたが、実績豊富な医師やクリニックと出会えれば大幅に軽減することができます。また美容上のリスクも同様で、原因のほとんどは医師の技術力によるものです。インターネットの口コミなどを参考にして、腕のよい医師を探しましょう。リスクをゼロにすることはできませんが、事前調査によって限りなくゼロに近づけることはできます。