脂肪吸引手術を考えているとき

脂肪吸引手術の「切るor切らない」その術式の違い・メリットを比較

効果がすぐでる「切る脂肪吸引」

一般的に「脂肪吸引」と呼ばれるのは、こちらの切るタイプです。体内に「カニューレ」という特殊な管を挿入して、皮下脂肪を吸い取るという手術です。皮膚を切開して管を挿入するため、傷痕ができてしまいますが、直接脂肪を吸い取るだけあって、すぐに効果があります。一度に多くの脂肪を除去したい人に向いている手術といえるでしょう。吸引した脂肪を、バストやヒップなどの部位に脂肪注入できるのも「切る脂肪吸引」ならではのメリットです。ボディにメリハリをつけたいときに最適です。

近年は、超音波などで脂肪を柔らかくすることで、より細い管から吸い取る術式が話題になっています。メスの切り口も小さくて済むため、傷口が気になるという人に注目されています。

ほかにも皮膚のキズを最小限にとどめるスキンプロテクターなど、キズを目立ちにくくする器具や術式が登場しています。このように一口に「切る脂肪吸引」といっても種類はさまざまで、肌への負担がほとんどない術式もあります。

メス不要「切らない脂肪吸引」

「切らない脂肪吸引」とは、その名のとおり体にメスを入れない痩身手術です。皮膚の上から超音波を当てたり、加熱・冷却をすることで脂肪だけを細胞死(ネクローシス)させて、体外への排出を促します。厳密には「吸引」とはいえませんが、クリニックでは便宜上「切らない脂肪吸引」と称しています。

メリットは体への負担が少なく、また術後に痛みを感じたり、皮膚が腫れにくいところです。切る脂肪吸引のように即時効果がでるわけではなく、じわじわと減っていくのが特徴です。おなかや二の腕など、部分的なサイズダウンを計りたいときに向いています。一度に多くの脂肪を除去することができないというデメリットがありますが、キズ痕が残りにくく、肌へのダメージが少ないことから今注目されている手術です。

「切らない脂肪吸引」と「キャビテーション」

エステサロンでは超音波を当てることで脂肪の燃焼を促進させて、体外の排出を促す「キャビテーション」という痩身プランがあります。クリニックの「切らない脂肪吸引」と基本的には同じですが、両者は「機器の性能」の点で大きく異なります。

エステサロンは医療機関ではないため、体に強い影響を与えるような施術が許されていません。そのためキャビテーションに使用する器具も、パワーが押さえられています。一方、クリニックは医療機関です。出力の強い医療用機器を使用することができます。エステサロンの機器よりも性能が高いので、より効果を実感できるでしょう。

万が一、肌が腫れてしまったとき、エステサロンでは治療行為ができませんが、クリニックならすぐに治療できます。安心・安全に痩せたい人はクリニックがおすすめです。いずれにしても脂肪吸引を受けるときは、よく比較検討をするようにしましょう。