「胸を大きくしたい!」と思ったとき

正しいブラの選び方・つけ方を知るだけでバストアップ!

「胸を大きくしたい!きれいな胸になりたい!」という女性の声はたくさん聞きますが、正しいブラの選び方やつけ方を実践されている方は実はそんなに多くはないのではないでしょうか。バストアップサプリやクリーム、食品など世の中にはバストアップをうたう商品があふれていますが、一番の基本であるブラジャーの選び方・つけ方をマスターしていないと効果は半減してしまいます。誤ったつけ方をしていると、バストアップできないだけでなく、バストの形も悪くなってしまう危険性があるのです。正しい選び方やつけ方を知らない人も知っている人も、ここでしっかり学んでしてバストアップを実現しましょう。

ブラをつけた時、バストの理想の状態とは?

間違ったブラジャーのつけ方をしていると、こんな状態になります!

1.カップの上辺
浮いたり、食い込んだりしている

2.バストの中心部分
浮いている

3.アンダーバスト
食い込んでいたり、ずれ上がったりしている

4.ストラップ
ずれたり、食い込んだりしている

5.バージスライン(バストの底、U字部分のライン)
ワイヤーが食い込んだり、あたったりしている

ブラを選ぶ時にはトップとアンダーという2つのサイズが重要です。正しくブラをつけるためには上に示した状態から原因がトップのサイズにあるのかアンダーのサイズにあるのか見極めて調節していきます。最後にストラップの長さを調節すれば完了します。

多くの女性が間違っているのが、アンダーの位置です。アンダーが下すぎることで胸が下がりカップサイズが小さくなってしまうということが起きています。長くその状態が続くと、垂れ胸になる危険性もあります。そうならないためには「アンダーは肩甲骨の下にくる」ということを覚えておきましょう。

正しいブラジャーのつけ方

ここでは、正しいブラのつけ方を紹介します。手順はたったの3ステップです。最初は慣れないかもしれませんが、毎日繰り返すうちにだんだんと楽にできるようになります。

1.ストラップを肩にかけ、前かがみの状態でカップに胸を入れ、そのままの姿勢で背中のホックをとめます

2.前かがみのまま、左手で左のストラップの付け根部分を少し浮かせ、右手で左側のバスト全体を包み中央に寄せながら引き上げます。逆側も同じようにします。ワイヤーと胸のバージスラインが合っているかを確認します

3.体を起こして、最後にストラップを調節します

着けた後、肩を回したり腕を動かしてみたりして、フィット感を確かめましょう。購入時にはこの時に少しでも合わない感覚があれば、面倒がらずにほかのサイズも試してみましょう。メーカーや種類によってサイズ感は全く違いますから、買うたびにきちんと試着して店員さんに見てもらうのが大事です。

ブラを正しく選んで正しくつけると、美バストになるだけでなく、バストの位置が高くなり小顔効果やスタイルアップ効果も期待できます。さらに、肩こりが軽減される効果もあり、一石三鳥、四鳥ものメリットがあります。あなたのブラの選び方やつけ方は大丈夫でしたか。もし今まで間違っていたなら、この記事を参考に見直してみてください。