胸のことで悩みがあったとき

垂れ乳・ハリ無し胸を解消したい!20代30代のバストアップエクササイズ

30バスト代からのバストアップ、これだけは守ろう!

年齢ともに失われていいくバストのハリと、垂れていくバスト。30代から垂れていくバストに悩んでいるという人は多いでしょう。しかし、まだあきらめるのは早すぎます。日常の心がけと、エクササイズなどで、30代からでもバストアップのケアは可能なのです。基本を押さえて、今から早速チャレンジしてみましょう!

まず、なぜ胸が垂れるのか、というメカニズムは体の筋肉が弱まり、姿勢が悪くなることが挙げられます。また、脇にある筋肉が弱くなっていくことも一因です。その対策として、

1就寝時もブラジャーをつける
2ブラジャーはよりデコルテに近い位置でつける

などの工夫が有効になるでしょう。
また30代からは、

・体を冷やさない
・睡眠を十分にとる
・運動を行う

といったことも日常の生活で積極的に取り入れてほしいところ。特に体を冷やすと女性ホルモンが崩れる原因となります。体の冷えはバストに大敵と心得て、暑い時期も体が冷え切らないように、冷房のきいた部屋では薄着をしないように気をつけましょう。特に腰と足、お腹を冷やさないことがポイントになります。

お手軽エクササイズで、バストアップを目指そう!

バストアップ対策のエクササイズに欠かせないのが、「肩甲骨」と背中の筋肉の「広背筋」をきたえること。日常の空いた時間に簡単にできる、お手軽エクササイズをご紹介します。

・肩甲骨を動かしてエクササイズ
1肩と二の腕を下げて肩甲骨を下方向に動かします。
2そのまま5秒間保ちましょう。

この運動を10~20回繰り返すことによって、刺激を与えます。人間は前かがみになりやすいため、美しい姿勢を保つためにもこのエクササイズはオススメです。

・大胸筋を使ってエクササイズ
1胸の前で両手のひらを合わせます。その後、手首と両肘をつけて力を入れましょう。
2 そのままひじと腕が直角になるまで上に引き上げ、10秒間姿勢を保ちます。
3ひじが離れないように腕を上に引き上げて10秒キープ。

以上の動作を5~10回繰り返しましょう。

ほかには胸のツボを押すという、ツボ押しの方法もあります。

・天渓(てんけい)乳腺のツボを刺激するツボ押し。
天渓(てんけい)は、体の左右の側面の乳首と同じ高さにあります。骨と骨の間にあり、押すと少し痛みを感じる箇所です。

ツボ押し方法…ツボに親指の腹をあてます。左右の乳房を持ち上げるようにして、天渓ツボから内側に向かって押します。両方のツボを同時にゆっくりと押すことがポイントです。

いつでもとても簡単にできるエクササイズとツボ押し。ぜひ日常生活に取り入れて、30代からのバストアップを目指しましょう!