ガーデンクリニック

手の温もりが伝わる本物の医療を目指す

開院当初から一貫して患者の立場に立って考え、共に治療を進めていく美容医療を提供しているガーデンクリニック。
「美しくなりたい、そしていつまでも若々しくいたい」。
そんな一人ひとりの純粋な気持ちを真摯に受け止めるとともに、「手のぬくもりが伝わる本物の医療」を心がけています。
脂肪吸引手術20年の実績と3万件近くに上る豊富な症例数を誇っているガーデンクリニックには、高レベルの技術力を持つ専門医ばかりが常駐しており、実際に施術を受けた患者からも非常に高い評価を受けています。
また、手術後の定期検診やアドバイスなどのアフターケアに力を入れているのも特徴です。

他にはない施術法が自慢

ガーデンクリニックは、脂肪注入による豊胸手術において2つの点で定評があります。
1つ目は静脈麻酔を使用した「完全無痛脂肪吸引施術」です。
これは、点滴で麻酔を行うことで患者はすぐに意識を喪失し、手術もすぐ行える方法です。
この方法であれば術後の意識の回復も早く、一時間ほど休憩すれば帰宅が可能となります。
この麻酔法を考案した大庭英信最高顧問医師の、麻酔についての研究論文「脂肪吸引における麻酔の安全性について」が、美容形成外科の分野では最も権威のある米国美容形成外科誌「Plastic and Reconstructive Surgery」に掲載されており、安全性は証明されています。

術前・術後の徹底したコミュニケーション

2つ目は患者とのコミュニケーションを密に行っている点です。術前にバストアップやボディラインについてのカウンセリングを念入りに行うことで、患者の不安を取り除いているだけでなく、定期診断やアドバイスなど、術後の患者さんとのコミュニケーションを大事にしています。
以下に記したものは、ガーデンクリニックが特徴として挙げている、ほかにはない独自のメリットです。

  • 「セルフレンドリーカニューラ」を使用した最新の脂肪吸引方法
  • 定期検診や最新機器によるマッサージで充実したアフターケア
  • 脂肪の除去だけでなく、美しいボディデザインを意識した仕上がり

セルフレンドリーカニューラとは、通常のカニューレをより進化させた最新のシリンジ脂肪吸引法のことです。
このセルフレンドリーカニューラには、吸引の際に組織内の抵抗を小さくする特殊な加工が施されているため、血管や神経へのダメージを最小限に抑えることが可能となっています。
これにより術後の腫れや内出血といった症状も少なく、ダウンタイムも非常に短い、安全性の高い脂肪吸引が実現できるのです。
さらに採取した脂肪を若返りや豊胸に再利用することも可能であるため、痩身と若返りを一度に行うという理想的な施術法を実現しているのです。

顧問指導医 大庭英信の存在

ガーデンクリニックを率いているのは、1994年に東京慈恵会医科大学を卒業した美容外科歴20年のベテラン顧問指導医の大庭英信ドクターです。
大庭ドクターが美容外科医を目指した理由を下記のように語っています。

「大学ではさまざまな科を回り実習しますが、美容外科は授業でも、講座としてもありませんでした。
しかし、学生の頃から美容外科医になることは決めていました。昔から美に対して興味もあり、『人をキレイにしたい!』という思いが強くあったためです。
また、美容外科は結果に対してごまかしがきかない、患者さんに嘘をつけない手術。プレッシャーもありますが、白黒がはっきりしていて、患者さんからの評価を直接感じることができるので、やりがいも大きいと感じ美容外科医の道を選びました」

大庭ドクターが美容外科医になったばかりの頃、美容外科のメインは目もとを二重にする手術でした。
しかし、この施術に対するニーズはアジアだけで、欧米ではそれほど必要とされません。
そんなとき、脂肪吸引手術を初めて目の当たりにして体に衝撃が走ったと大庭ドクターは言います。

「脂肪吸引のほか、自分の脂肪を利用して体を美しく整えたり、若返り効果を期待できる脂肪注入を含めた脂肪外科全般が得意な施術となります。
ヨーロッパで始まり、アメリカ、日本に渡ってきた脂肪吸引は世界で通用する手術であり、この施術で一人前になりたい、日本一になりたい、世界一になりたいと強く思いました。この手術に関しては、世界の美容外科医と渡り合えるくらいの高いレベルの技術と経験、症例数を誇っていると自負しています」

美容整形というとネガティブなイメージが先行しますが、少しでも払拭していきたいという思いが大庭ドクターにはあるようです。
なにも美容整形は体や目、鼻を取り替える訳ではありません。
単にその人が持っている本来の美しさを引き出す施術が美容整形であり、それまで本人が気づかなかった良い部分を引き出してあげることで、よりいっそう美しく魅力的になり、幸せにすることができるものです。

施術をしたことに負い目を感じるのではなく、施術したことは一切忘れ、
「私はキレイなんだ」と、自信を持ってポジティブに生活してもらいたいというのがガーデンクリニックの願いです。